So-net無料ブログ作成

船橋屋 [グルメ]

何気に引っ張りまくっている亀戸編。
一応、今回で〆となりますのでご安心をww


前々回の記事で「Mitty的な亀戸のド定番」たる、
「亀戸天神」と「イシイの甘栗」を紹介しましたが、
実は上記2つ以外にも「Mitty的ド定番」があったりするのです。
それこそMittyの中では必ず「亀戸天神」とセットになる、
と言っても過言ではない定番中の定番。


随分と前の亀戸記事でも軽くだけ触れた事があったのですが、
ちゃんと記事として紹介した事が無かったので、今回改めてご紹介したいと思います。


「船橋屋」さんです。
船橋屋_01.JPG


所謂、老舗の甘味屋さんです。
そして亀戸といえば船橋屋、船橋屋といえば亀戸。
亀戸天神にお参りしたら、必ずココを訪れますし、
Mitty家の年始回りで亀戸に集まる時は、
Mittyの親戚一同があるモノを必ず購入する程ですww


船橋屋さんの名物、くず餅です。
これ、めっちゃウマいのよww
黒蜜もきな粉も非常に上品な味で、食べていても全然飽きない。
船橋屋_03.JPG


基本的にはお持ち帰りする事が殆どなんですが、
船橋屋さんは店内で甘味を楽しむ事も出来ます。
まーMittyは亀戸本店しか行った事が無いので、
他店舗がどーだかは知りませんがww


年末年始や夏盆辺りは人出も多くなるので、
店内でゆっくりと甘味を楽しむ事も難しいのですが、
それ以外の日は大体がゆっくりと出来ますかね。
この雰囲気の中で甘味を楽しむのが中々に良いのですww
船橋屋_02.JPG


定番のくず餅もありますが、それ以外の甘味も中々に豊富です。
あんみつ、みつまめ、その他和風甘味の定番が揃います。
お持ち帰りもイイですが、やはり店内でゆっくりと甘味を楽しむのが、
Mitty的な船橋屋の正解ルートですww


この日は夏真っ盛りという事もあって、かき氷も限定メニューにありましたね。
甘味屋さんのかき氷・・・惹かれますww
ただ、Mittyは船橋屋さんの店内では、だいたいコレ!ってモノがあったります。
今回も、ブレずにソチラをオーダーしました。


Mitty的な定番、ところてんです。
コレが美味いのよww
特に醤油酢が抜群に美味い。
コレだけ飲めるくらい、旨みが効いてます。
船橋屋_04.JPG


まーぶっちゃけ。
かき氷もスゲー悩んだンですけどねww
だって・・・隣で食べてる人の見たら、スゲー美味そうだったンだもんww
ただ、如何せんですね。
時系列的に前回記事で紹介した「菜苑」で純レバ丼を食した直後だったモンで、
胃がオーバーフロー気味だったンですよねーww
次回は、また違った意味でリベンジしてみたいですww


神社やらお寺の参道には、何かしらこのテの甘味屋さんはあると思うのですが、
亀戸天神においては、この船橋屋さんだと思うのです。
亀戸、ひいては亀戸天神にお越しの際は、是非とも立ち寄って頂きたいプレイスですね。


タグ:船橋屋
あしあと(8)  コメント(3) 

菜苑の純レバ丼 [グルメ]

2週間ブリの更新です。
お盆時期、皆さんは如何お過ごしでしたでしょうか。
まー今回の更新はお盆とは何にも関係ない、前回からの続きですけどねww
何の事かよく分からん方は、前回の記事でも読めばよいww


というワケで。


久々に半地元たる亀戸に赴いたMitty。
例によって亀戸天神とイシイの甘栗を堪能したのですが、
そもそもは、とある目的があって亀戸を訪れていたのです。


「孤独のグルメ」ってご存知ですよね?
まぁー知らない方はwikiって頂くとして、
「孤独のグルメ」で紹介されている街やお店が、
自身が知っているトコだったって事は、
そう珍しくないと思うのですよ。
実際、Mittyも何回かはありましたしね。


そんな中で、この亀戸もかつて「孤独のグルメ」で取り上げられた事がありまして、
「とあるお店」の「とあるメニュー」が作中で紹介されたのです。
実はその時まで、そのお店自体を知らなかった事もあって、
もの凄く興味を惹かれたンですよね。


その時から少々時は流れてしまいましたが、満を持してやってきたのです!
そう、今回の目的はズバリ「そのお店」に行って、「とあるメニュー」を食すこと事なのです!!


中華料理、「菜苑」さん。
開店時間30分前ですけど、既に10人以上のお客さんが並んでいます。
「孤独のグルメ」の影響もあるンでしょーけど、”相変わらず”の人気っぷりですね。
菜苑_01.JPG


ハイ、今まで来た事が無いのに、“相変わらず”と言える理由。
えぇ・・・実は菜苑さんに来る事自体は、実は初めてでは無くて、
半年以上前に一度チェレンジしているのです。
ただ、その時は昼過ぎにも関わらず中々の行列でして、
しかも最後尾の方が「本日売り切れ」の看板を持っていたンですよねーww


その時はマヂで口にしましたねーww
「マヂかよ!?」とww


それから時が流れて約半年。
今回は開店前を狙っていったのですが、
まさか既に10人以上も並んでいたとは予想外でしたww
まー流石にこの時点で売り切れって事は無いので、それは一安心ですがww


店内は20人も入れないですかね。
古式ゆかしい感じの「ザ・中華料理屋さん」ってカンジですね。
菜苑_02.JPG


Mittyは幸いにして一巡目で入店できたのですが、
まだまだ店先に並んでいる方達は沢山いましたねー。
メニュー自体は左程多くなく、
お客さん達も大半は「とあるメニュー」か、それ”絡み”の品をオーダーするようです。


さてさて。
Mittyはド定番たる「とあるメニュー」をオーダーしました。


これがウワサの純レバ丼です。
菜苑_03.JPG


レバニラからニラを除いたので純レバ。
甘辛く濃い目の味付けのレバ、シャキシャキの大量の白ネギ。
そしてライス。
これを松重さんが美味そうに食べてるのをTVで見れば、
そりゃー気になってしゃーないワケですよww


そんな純レバ丼。
作中で松重さんも仰ってましたが、想像以上のヤンチャ飯ですww
レバ自体は小ブリで食べやすいのですが、ともかく味付けが濃いww
でも、その濃い目の味を抑えてくれるのが大量の白ネギ。
これらをライスと一緒にグチャグチャに混ぜて食べると、あら不思議。
爆裂美味くなるww


これは確かに他所では味わった事が無い味ですね。
それでいて、クセになる何かを感じますww


ただ、見た目以上にボリュームがありますww
正直、Mittyには少々多いですww
ぶっちゃけ、女性には少々厳しい量かなーと思います。


が!そんな貴女に朗報ですww
この菜苑さんにはフツーに女性も来られていました。
先程も少々書きましたが、純レバ丼“絡み”のメニューもあるのです。
それが単品の純レバ。
女性2人なら純レバ+半ライス+半ライスをシェアリングすれば、丁度良いボリューム。
実際、そーされている方々も多くいましたねー。


Mitty、次回はソレにするww
というか、純レバ以外にもフツーに惹かれるメニューがあったりしたので、
そっち方面も攻めてみたいですねー。
ぁ、勿論リピーターとしてこのお店にはまた行きたいと思います。
要はそーゆー事。
美味いんだ、このお店ww


さて、漸く菜苑の純レバ丼を食す事が出来たのですが、
折角、亀戸に来たので他にも寄りたいお店があるので、
そっちにも顔を出してみたいともいます。


が、それはまた次回の記事でww
うん、引っ張りますよーww


あしあと(8)  コメント(5) 

亀戸天神 [旅行記]

先日、チョイと所用があって亀戸天神に行ってきました。
まーMitty的な本来の目的は別にあったのですが、
久々に半地元たる亀戸に来たので、
亀戸天神にも顔を出したというワケです。
亀戸天神_01.JPG


前回来た時は初詣時期だったので人出も多く、
写真映えも少々厳しかったのですが、
今回は特に目立ったイベントも行われていないかったので、
ゆっくりと境内を楽しむことが出来ましたね。
亀戸天神_02.JPG


お天気は曇り空でしたが逆に日差しが少ないので、意外と涼しく感じられましたね。
境内は緑や池が多いので、より一層涼しげに感じられます。
立地的にスカイツリーとのコラボが出来るのも、亀戸天神の魅力ですね。
亀戸天神_03.JPG


学問の神様たる菅原道真公が祀られている亀戸天神。
ゲス野郎のMittyにはあまりご縁はありませんが、
とりあえず無病息災をお願いしておきましたww
亀戸天神_04.JPG


亀戸天神と言えば藤棚や紫陽花が有名ですが、
どー考えても今は時期ではありませんww
まーだからこそ人出が少なかったってトコなんですけどねー。
ただ、よくよく境内を見渡すと・・・。


おおぅ・・・藤だww
凄くギリギリ感がありますww
亀戸天神_05.JPG


更にこれまたギリギリ感のある紫陽花を発見ww
亀戸天神_06.JPG


やや涼感を感じられる亀戸天神をゆっくりと満喫した後は、
これまた定番の「イシイの甘栗」で〆ますww
亀戸天神_07.JPG


って〆てる場合ぢゃねーww
亀戸天神はあくまで“ついで”であって、
本来の目的は別にあるのですが、
実は合間にちゃんと“本来の目的”を達成しているのです。
次回はその“本来の目的”についてご紹介したい思います。


まぁ・・・次回の更新は2週間後ですけどww





08/13(日)の更新はお休みします。
次回更新は08/20(日)を予定しています。


あしあと(8)  コメント(3)