So-net無料ブログ作成

パーティション [ホビー]

引っ越しをしてから数年経ったMittyです。


その引っ越しの際には幾つかの家電やら家具を新調したのですが、
その時に買ったモノの1つにパーティションがあります。
まー要するに壁を仕切るアレですよ。
外観はこんなカンジ、というかまんまコレですww
パーティション_01.jpg


某ニトリで購入したのですが、
壁に穴を開けたり加工をするのがイヤだったので、
何かと重宝してるンですよ。
網目が大きいので、何かと便利なんですよねー。


壁際に設置して小物やら何やらをブラさげたり、
自室にサラウンドシステムを組んでいるMittyとしては、
小さめのサイドスピーカを固定するのにも役に立ってます。
他にもちょいとしたホビー関連を飾るのにも役に立ってます。


サイドスピーカを設置する関係上、モニタを中心とした左右二面に、
このパーティションを設置してあるのですが、
壁的にはまだスペースが空いていまして、
もう一枚くらい同じパーティションが欲しいと思っていたのです。


ただ、近隣のニトリに同型のパーティションが売ってなくてですねー。
違う型とか似たようなヤツだったら幾らでもあるのですが、
やはり色合い的にも同型が欲しいぢゃないですか。
とはいえ、無いモンは仕方がないし、そこまで躍起になって探すモンでもないので、
まーいっか、的な感じではあったのです。


そんな折。
某同僚の引っ越し手伝いとして、某地方都市のニトリを訪れた時。
見つけちゃったンですよねー、同型のパーティション。
思わず衝動買いしてしまいましたww
まー社有車で来ていて、その日は直帰だったってのも大きいですけどね。
じゃなきゃ、あんなモン持って帰れねーしww


んで。
たかだかパーティション。
既に左右に1枚づつあるのに、何故にわざわざ買うのか。
幾ら壁際にスペースがあるとはいえ、
サイドスピーカは既に設置済みですし、小物をブラ下げるにしても、
少々持て余す感は否めない。


いや、そーぢゃない。
新しく追加したパーティション。
実はこのパーティションを利用して、
予てより実践したかった事があるのです。


ホビーコーナーの誕生ですww
パーティション_02.JPG

パーティション_03.JPG

パーティション_04.JPG


自身で言うのもなんですが、ホビー関連をそれなりに保有しているMitty。
ガンプラ程度なら左程場所を取りませんが、大物系は飾る場所が確保するのが難しくて、
長い間クローゼットで死蔵状態だったンですよ。
今回は特に、ライフルをどーしても飾りたくてですね。
パーティション購入の最たる理由は、コレだったりしますww


実はまだ死蔵中の大物系ホビーがあるので、
次はそれをどー飾るかを思案中なのですが、
これ以上飾るといよいよ『壁が煩く』なってきそーで、
二の足を踏んでますww


うん?
そもそも飾ってどーするのかって?
んなモン決まってますよ。


酒飲みながら眺めて、ニヤニヤするンだよww
あぁー最ッ高ww





09/17(日)の更新はお休みします。
次回更新は09/24(日)です。


あしあと(10)  コメント(4) 

仲間が増えました [ホビー]

何かと慌ただしい日々が続いております。
“忙しい”というより“落ち着かない”といったカンジですね。


まー、とは言えですね。
そんな日々から隙間を見つけては、
『新たな仲間』をチマチマ作製していたワケなんですが、
先日遂に完成しました。


クェス専用ヤクト・ドーガです。
誕プレで頂いたヤツ、チマチマ作製してたンですよね。
ぁ、誕プレで頂いた経緯については過去記事を参照で。
仲間が増えました_01.JPG


筋彫りと墨入れ、ペンでチョイと塗装した位ですかね。
ちなみに製作時間はトータルで12時間位でしたかね。
仲間が増えました_02.JPG


手頃な台が無かったので、床に置いて撮影したンですけど、
まー・・・撮影体勢がキツいww
オッサンが床に腹這いになって、プラモを撮影・・・笑えないですww
仲間が増えました_03.JPG


そんな苦難を乗り越えてww
今では両サイドに諸先輩を控えさせている、ヤクト・ドーガさんですww
スケール感が違うのはご愛嬌ww
諸先輩はMGシリーズなので1/100、ヤクト・ドーガはHGシリーズなので1/144なのです。
仲間が増えました_04.JPG


新たな仲間が増えました。
仲間が増えました_05.JPG


信じられますか?
これ、イイ歳したオッサンの部屋の一角なんですよww
あー超楽しいww


あしあと(8)  コメント(3) 

早い三連星 ガイア編 [ホビー]

Mittyの友人である、YさんとK氏。
お二方は夫妻でもあるのですが、Mittyと共通の趣味・嗜好も多く、
夫妻共にMittyとは懇意にして頂いています。


互いに引っ越し祝いもしましたし、双方の誕生日を祝う事も珍しくないです。
過去にはYさんをこんなトコに連れ出してご馳走した事もありましたし、
逆にY&K夫妻からこんなモノを頂いた事もあるくらいです。


そんなY&K夫妻から先日、何やら宅配便がMitty家に届けられたンですよね。
早い三連星_01.JPG


なんぞ、頂きもの前フリなんて特にありませんでしたし、
Mittyへの誕生日プレゼントというのも考え難い。
そもそもMittyの誕生日は11月で、コレが自宅に届いたのは10月の初旬。
だもんで、一体なんのプレゼントかなぁー、と思い包装をバラしてみたのです。


誕生日プレゼントでしたww
いやいや、早ぇーってww
早い三連星_02.JPG


しかもガンプラだよww
おまけにクエス専用ヤクト・ドーガなんて、絶妙にイイトコを突いてくんなww
早い三連星_03.JPG


そこでMittyは、ふと回想します。
コレが届く数日前、K氏から連絡があったンですよね。
「Mittyさん家にあるガンプラって、何でしたっけ?」と。


実はK氏、Mittyと同じくガンダム同好の士でして、
K氏がMitty家を訪れた際に、自室にあるガンプラを見た事があるンですよね。
だもんで、K氏からそんな連絡があった時は、何の気なしに回答したンですよ。
わざわざ、自室のガンプラ勢を写メってまでしてww
その結果、誕生日の一ヶ月以上前に、
Mittyが所持していないガンプラが届きましたww



もぅーね、完全に仕込まれましたわww
更に一ヶ月以上前に送るというサプライズ感がパないですww
これは見事にヤラれましたねー、でも嫌いぢゃないww


クッソww
完全にMittyの嗜好を見透かされますww
でも、それも嫌いぢゃないww


しかし!
それで終わらないのがY&K夫妻。
続きは・・・勿体ぶって次回にしますww
まー記事タイトルでお察し下さいなww


タグ:ガンプラ
あしあと(8)  コメント(4) 

スタッフで美味しく頂きました。 [ホビー]

前回、「特撮博物館」で特撮熱を上げたMittyと同行していた友人S氏。
特に友人S氏は大のウルトラマンマニア。
「特撮博物館」には朝一で行っていたので、まだまだ時間はある。
S氏のウルトラマン熱を満足させるべく、次に向かったのは当然の如く秋葉原。
とはいえ、「特撮博物館」で4時間近く歩き回ったMitty達は、既にお疲れモード全開。
まずはアキバで一休み。


アキバで一休みといえば、やはり「Player」。
店内はハロウィン色に様変わりしてました。
フィギュア_01.JPG


スッキリとしたレモンビールでリフレッシュ!
フィギュア_02.JPG


この後、ウルトラマンフィギュアを求めて、アキバを放浪します。
S氏は事前にお店を幾つかピックアップしたよーで、方々で色々と物色。
アキバでMitty以上にテンションが上がっている人を見るのは久々ですww
ぁあ~そーいえば、あの時のアッキー(友人)以来だなww
何だかんだでアキバには3時間位居たでしょうか。
無論、その間Mitty達は歩きっぱなし。
HPは黄色状態・・・ってかむしろ毒ってる状態で、歩くたびにHPが減っていく気がしますww


S氏は満足のいくものをゲット出来たらしくホクホク顔。
しかし、二人ともステータスは毒状態。
このままだと確実に死ねますww
動けるうちに動いて、ステータスを回復をしなければなりません。




ステータスッ、回復っっ!?
フィギュア_03.JPG


久々に風来坊で飲みましたww
フィギュア_04.JPG


過去記事で紹介した事のある、手羽先の有名店。
かつて関東圏では埼玉県大宮にしか店舗がありませんでしたが、
今では都内の品川と銀座に2店舗あるので、利用しやすくなりました。


ココでステータス回復・・・するはずだったンです。
しかし、「特撮博物館」⇒「秋葉原」とロクに休憩していなかったMitty達。
店に到着するや否や、「へんじがない、ただのしかばねのようだ」状態にww
どーやら、毒状態で歩きまわったのがマズかったよーです。
結果として、飲み後半になってからステータスは回復したのですが、
序盤は大した会話も無く、ただ一点を見つめるばかりのMitty達。
このままではイカン!と一念発起したMitty。
何か面白い事をせねば!と・・・。




S氏が買ったフィギュアで遊んでみたww
手羽先を巡り、熱い戦いを繰り広げるエースさんと怪獣(ツインテールさん)。
手羽先は2つあるのに、半分コする度量はエースさんには無いようです。
フィギュア_05.JPG


どーやら勝敗はエースさんの勝利に終わったよーです。
手羽先を独り占めするとは・・・ヒーローにあるまじき行為です。
フィギュア_06.JPG


そこへ地元で有名なヤカラ、巨神兵さんが現れます。
巨神兵さん:「美味そうやんけ~、ワシによこせや」
フィギュア_07.JPG


手羽先を巡る戦い、第二ラウンドの開始です。
物陰でツインテールさんが漁夫の利を狙っています。
この戦いの行く末は・・・。
フィギュア_08.JPG


巨神兵さんの勝利に終わったよーです。
巨神兵さん:「ゲッフゥゥゥ~、喰った喰った」
フィギュア_09.JPG


後に残されたのは、巨神兵さんの食べ残しの骨。
しかし、骨には多分に栄養があると聞いた事のあるエースさん。
ヒーローとして、踏み込んではいけない領域に入るよーです。
フィギュア_10.JPG


そんなエースさんの兄貴分であるセブンさん。
美味い手羽先があると聞いて、遠路はるばるやってきたのに、
手羽先も無ければ骨も無い現実に苦悩します。
エースさんは骨まで食べてしまったよーです。
セブンさん:「のぉぉぉ~、何も無ぇぢゃねぇーかぁぁ!!」
フィギュア_11.JPG


わざわざM78町から手羽先を食べに来たのに、骨も無い状態。
セブンさんの心は荒み、酒に溺れるハメになってしまいました。
セブンさん:「酒だけがオイラを裏切らねぇよなぁ~」
エースさん:「ア、アニキィィ~、しっかりしてくれよぉ~」
フィギュア_12.JPG


そんな時、巨神兵さんは小粋はPUBで一杯飲んでましたとさ。
巨神兵さん:「黒ビールは美味いのぉぉ♪」
フィギュア_13.JPG


なんて事を、イイ歳したオッサン達が飲み屋でやってましたww
フィギュアを並べて写真を撮ってる時、
店員さんに何度かガン見されたのは気のせいではないハズww
尚、撮影に使用した手羽先はスタッフで美味しく頂きましたww
(骨は喰ってないww)


ちなみにスタッフの一人(演出担当)は他のスタッフが帰った後に、
新橋の「雫-dew-」で4時間ほど店長相手にクダ巻いて帰りましたww
うむ、これこそ日常ww


あしあと(4)  コメント(5) 

東映と東宝、そして大映。 [ホビー]

それ自体が開催されているのは、人づてに聞いて知っていたンです。
まぁでも、開催期間はそこそこ長いだろうし、それほどガチファンというワケでもない。
何かの機会があれば行ってみようかな、というレベルでした。
ところが先日“ソレ”に行ったという知人から、
「Mittyだったら、絶対に面白いと思うはず!行った方がイイよ!!」と言われる。
そこまで言われちゃ・・・と思い、色々と調べてみると、なんと開催終了間際ww
これは行かねば!と妙なテンションになりつつ、“ソレ”に造詣が深い友人と、早速行ってみた。
ん?“ソレ”?


コレww
東京都現代美術館で開催されていた「特撮博物館」
ぁ、現在では終了してますのでww
特撮博物館_01.JPG


今回同行した友人S氏は大のウルトラマンマニア。
Mitty自身は、そんなに特撮に造詣があるワケでは無いのですが、やはり幼少期に見て育った世代。
大魔神、ゴジラ、ガメラ、ウルトラマン・・・相応に胸アツになります。
そして「特撮博物館」の目玉はなんと言っても、
「風の谷のナウシカ」で登場した巨神兵を、特撮でフルリメイクした「巨神兵東京に現る」という特撮短編映画。
これにはテンション上がります。


ってか実際にスゲーテンション上がりましたww
展示品の幾つかは「知ってる!」とか「見たことある!」とかですし、
特撮短編映画である「巨神兵東京に現る」はマヂで神レベルww
鑑賞した後に、メイキング映像や実際に使用したセットとかを見る事が出来るのですが、
マヂでCGを使用しないフル特撮っぷりが凄いww
発想・創意工夫・職人技・・・軽く「プロジェクトX」クラスの感動ww


ん?その感動が伝わらない?
まぁ・・・写真が無いしね。
写真?撮ってねぇよww
つーか、撮らせてくれないンだ、これがww
この「特撮博物館」、9割近くが写真撮影禁止ww
国立科学博物館や日本科学未来館は、大概撮影OKなのに・・・チッww


ただまぁ、残り1割は写真撮影がOKなワケで。
その1割がコチラ。
特撮博物館_02.JPG


わかりますかね、コレ。
平たく言えば、特撮のセットww
このセットの中に自由に入れちゃう&写真撮れちゃう、ってワケ。
特撮博物館_03.JPG


細部まで細かく作り込んでます。
特撮博物館_04.JPG

特撮博物館_05.JPG

特撮博物館_06.JPG


ひん曲がった東京タワー。
これは「巨神兵東京に現る」でも出てきます。
特撮博物館_07.JPG

特撮博物館_08.JPG


・・・ってか背景が映えないから、ミニチュアっぽくないですww
ま!特撮セットなワケですから、“然るべきポイント”から見ないと、
迫力が無いのは当然ですわなww
セットの裏側はハリボテだし、パースもおかしいしww


“然るべきポイント”で撮ると、こーなる。
特撮博物館_09.JPG

特撮博物館_10.JPG


撮影セットはもう一つあって、ソチラでは
“自宅の中から、外を歩く巨人を見る”というテイストの写真が撮れます。
特撮博物館_11.JPG


ちなみに写っているのは同行している友人S氏。
なんかヘンな帽子をかぶり、ヘンなポーズ決めてますが、
本人曰く「ウルトラセブン」のマネだそうなww
特撮博物館_12.JPG


写真が少ないので全然伝わらないと思いますが、メッチャ楽しかったンですよww
人出が多かった事もありますが、何だかんだで4時間位は居ましたからね。
無論、その間は歩きっぱなしの立ちっぱなし。
これまたスゲー疲れたww
でも、思いの他盛り上がった特撮テンション。
このまま帰るワケには行きませんよぉww
続きは次回にて。


ぁ、そーいえば。
「特撮博物館」の戦利品がコチラ。
500円ガチャガチャでゲットした「巨神兵」
特撮博物館_13.JPG


実はこの「巨神兵」フィギュアが欲しくて、「特撮博物館」に行った感も拭えないww
種類は全3種類+それぞれのシークレットフィギュア3種の全6種。
上記の写真のヤツは欲しかったヤツでは無いのです、実は。
となれば・・・。




違う、コレぢゃないww
確かにシークレットフィギュアだけどさ!
(シークッレトフィギュアは蛍光発光するヤツ)
特撮博物館_14.JPG




3回目・・・1回目と同じの出たww
なので友人S氏にあげた。
ちょっとココロが折れたので、3回目で止めた。
欲しかったヤツ・・・アキバで900円で売ってた。
ガチャガチャは夢を売る物だと痛感したww
クソがァァァァァww


タグ:特撮博物館
あしあと(5)  コメント(3) 

エゴだよっ!それは!! [ホビー]

前回の記事で金環日食を紹介しました。
「仕事なんぞしてる場合ぢゃねー」的なノリで、仕事を休んで撮影に望んだワケですが、
ゆーても日食撮影なんて午前9時前後には終わるワケで、
半日近くも残ってる時間を、ただ無為に過ごすのもモッタイナイ。
世間的には平日なワケで、これを有効に使わないテは無い!
というワケで・・・。


行ってきましたよ、ガンダムフロント東京にww
GFT01.JPG


オープンして間もない、ダイバーシティ内にある施設です。
ガンヲタの端くれでもあるMittyとしては、
ガンダムが“お台場に帰ってきた”時から、一度は行ってみたいと思っていたプレイス。
ちなみにココのチケットは日時指定の事前予約制(コンサートやライブと一緒)。
ですが事前予約が定員に満たなければ、当日券も買えちゃいます。
(Mittyは無論、事前予約しました)


さて、では早速・・・。


Mittyは宇宙(そら)へと還りますww
GFT02.JPG


いやいや、そーぢゃなくてww


入場すると、まずはDOME-Gと呼ばれる360°のドームシアターへと誘われます。
上映時間は10分程度でしょうかね。
ドーム内では、立った状態で映像を見る事になります。
ドーム内は撮影禁止なので、写真はありませんが、一言で言えば・・・。
首が疲れるww
後半になると360°グリグリと映像が動きますので、それを目で追ってると、首が疲れますww
プラネタリウム的なカンジで寝っ転がって見れればイイのにww


DOME-Gから出ると広い空間に出ましてね。
そこに幾つかの展示物があります。


まずはストライクフリーダムガンダムの1/1サイズの胸像。
GFT03.JPG


ぶっちゃけ、種系には造詣が深くないので、ふ~ん・・・レベルですww
(↑台無しww)
あ、でもDOME-G入場前にですね、施設・場内の注意事項を促す映像が流れていたンですけどね。
ラクス嬢とギレン閣下が出ていたのは萌えた(&燃えたww)。


これは正真正銘、胸熱ですww
ファーストガンダムの最終回「脱出」のラストシーン。
1/1サイズのコア・ファイター。
GFT04.JPG

GFT05.JPG


人型機動兵器のコックピットが、このインターフェース?
などという事を考えてはイケマセンww
GFT06.JPG


さてさて、そんなコックピットの右後側には・・・。


あぁ・・・切ないよ、この写真は・・・
ニクい演出ぢゃねーか・・・。
GFT07.JPG


ボロボロになったコア・ファイター。
もがれた翼に哀愁を・・・って左側に何かが・・・いる!
GFT08.JPG


アカハナさんが施設内の進入禁止を促してましたww
GFT09.JPG


思いの他、胸熱ですww
星一号作戦(ア・バオア・クー攻略戦)時の1/7500スケールジオラマ。
GFT10.JPG


ア・バオア・クーといえば、東西南北のフィールド。
それぞれのフィールドには、開戦直後の参加艦艇が書いてあるこだわりっぷり。
GFT11.JPG


となれば・・・当然・・・。


Sフィールドにはホワイトベースが居るワケでww
(開戦直後なのに着岸してるのは、大人の事情でしょうww)
GFT12.JPG


このア・バオア・クーのジオラマには、アチコチにMSが配置されてましてね。
照明も決して明るくないですし、スケール的にも探すのが難しいンですが、
原作や設定に沿ったシーンやMS・艦艇を探すのが結構面白くてですねww


Nフィールドにはガンダム(下側)とジオング(中央)の戦闘シーン。
GFT13.JPG


ジム2機がランチを輸送・・・これもしかして・・・。
富士急ハイランドのガンダム・ザ・ライドかっ!?
GFT14.JPG


ア・バオア・クーで高機動型ゲルググ、しかもこのカラー。
間違いなく、ジョニー・ライデン機ですね。
GFT15.JPG


やはりNフィールドには戦力が集中してますね。
ビグロが居たりします。
GFT16.JPG


ん?Nフィールドといえば、ギレン閣下のドロスが居たはず。
ドコだドコだ・・・と探していたら・・・。


ア・バオア・クーの天頂部に鎮座してました。
GFT17.JPG


つーか艦艇は思いの他、天頂部に集中配置されてましたね。
GFT18.JPG


ところが・・・だ!
Eフィールドを探せど探せど、カスペン戦闘大隊が居ない!!
ビグ・ラングなんてデカいから、直ぐ見つかるハズなのに!!
当然、ヅダも見当たらない!!!
どーせなら、ファン納得の完成度にして貰いたいものです・・・。


と、こんな塩梅のガンダムフロント東京でした。
他にも幾つか展示物があったのですが、
画面的に映えなかったり、そもそも撮影禁止だったりと、写真はこんなモンです。


結果から言うとね。
意外とこじんまりしてます、ガンダムフロント東京ww
過去記事にしたガンダムEXPOとは、ハコ自体の大きさが違うのでアレなんですが、
正直結構肩透かしでしたね、期待し過ぎってのもあると思いますけど。
でも、別に一杯喰わされた感は無いですし、ガンダムファンなら一度は行ってみるのもイイかもしれません。
まぁ・・・Mitty的には、また次行こうとは思いませんケドww


あしあと(5)  コメント(5) 

ガンヲタパワー そのニィ~! [ホビー]

前回に続き、ガンダムネタです。
さぁさ!今回もMittyの熱きパトスが炸裂!!
ご興味の無い方は「それはエゴだよ!」(←アムロ風に)なんてセリフを吐きつつ、
華麗にスルースキル発動ですぞぉww


さて、ガンヲタのMittyではありますが、
数あるガンダム作品全てを網羅しているわけではありません。
前回のガンプラを見て頂ければ分かると思いますが、
Mittyが好きなのはファーストガンダムに連なる系譜、
所謂UC(宇宙世紀)シリーズのTV版や劇場版、OVA系が好きだったりします。


そんなUCシリーズですが、随分前にUCモノの新映像作品が発表されましたネ。
それが『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』
『逆襲のシャア』から3年後の世界が舞台であり、
ファースト世代としては正に“待ちに待った”というカンジ。
となれば・・・当然ユーザーのツボを突いたガンプラも発売されるワケですww


やっと買えました☆
RX-0 ユニコーンガンダム(HDカラー&MSケージ付き)
UC_01.JPG


コレを買うまでには紆余曲折がありました・・・。
ジオン系MSが好きと言っておきながら、押さえなければならないガンプラを買っていない。
確かにその通りで、MS-06R-1A(シン・マツナガ機)とかMS-06Jとか欲しいガンプラは沢山あります。
んが!作っても置く場所が無い、という切実な問題がありますww
完成したガンプラは基本的にショーケースの中に飾っておくのですが、
昨今のガンプラはアクションベースのせいもあってサイズが大きく入りきらない。
一時期、業務用ショーケースを買おうとマヂで考えたくらいですww
まぁそんなこんなで、暫くはガンプラから遠ざかっていたのです。


んで、今回のユニコーン。
MSケージ付きってのもあって、発売当初から気にはなっていたのですが、
個人的にはギラ・ズール辺りが欲しいと思っていたし(←MGは発売してません)、
レズン専用ギラ・ドーガほどMittyの魂を揺さぶるワケでもない。
(↑コレも未だにMG化されてない・・・何故だぁぁぁ!!)
何より実際に置く場所を考えると、どーにも購入に踏み切れず逡巡していたのだけど、
数日したら店舗からユニコーン自体が姿を消してしまったのですよ。
なんつーか・・・それが妙に悔しくてねww
無いと分かると途端に欲しくなるこの性格、Mitty的デレ期到来?みたいなww
いや・・・意味合い全然違うナww


んで、一月ほど前にブラリと訪れた店でたまたまこのユニコーンを見かけましてね。
もーコレは買いだ・・・とww
「置く場所?後から考えればイイや!」的な勢いで買いましたww


今回は結構時間かけて作りましたねぇ。
まぁユニコーン自体がチョットした“変形機構”を持っているので、
パーツが多いってのもあると思うのですがね。
とはいえ、例によって基本パチ組み。墨入れと筋彫り、ゲート処理くらいしかしてません。
ウェザリングは純白の機体に合わないので殆どしてません。


完成形がコチラ。
ユニコーンモードのユニコーンガンダムとケージ。
UC_02.JPG

UC_03.JPG


アクションベースと合わせた、デストロイモードのユニコーンガンダム。
UC_04.JPG

UC_05.JPG

んふふふ・・・♪
なかなかカッッチョエエぢゃないの♪
さぁ残る問題はこれをドコに置くか・・・だなww


ガンプラ自体、作るのは随分久々だったけど、やはり作ってる間が一番楽しいです。
無論、完成したガンプラに様々なポージングをさせて、一人ほくそ笑むのも楽しいデス。
そんな姿は他所様には見せられませんが、Mitty自身は最ッ高に楽しいンですww


んーー○○歳過ぎてから、どんどん一人上手になっていくな、Mittyってばww
このままでイイのかオレww


タグ:ガンダム
あしあと(8)  コメント(4) 

ガンヲタパワー そのイチィ~! [ホビー]

今回のシリーズ、その名の如くガンダムネタです。
ご興味の無い方は華麗なスルースキル発動を推奨です。
ほとばしる熱いパトスに突き動かされて記事を書いているので、ある意味要注意ですww


さて、自称ガンダムヲタクのMitty。
まぁ~あんなトコこんなトコに行って、異常にテンションが上がるMittyですので、
どー控え目に言っても、一般的な方に比べれば造詣が深いとは思います。
が、豪語する自信も無いので、あくまで“自称”ガンダムヲタクですww
そんな自称ガンヲタのMittyですが、やはりガンダムを語る上で避けて通れないのがガンプラ。
今回はMittyが作製したガンプラを、ほとばしる熱いパトス(←しつこいww)と共にお送りします。


実はガンプラ作製をまともに始めたのは社会人になってから。
幼少時はガンプラを買うお金も無かったし、
それ以降も世代的に家庭用ゲーム全盛期だったりもしたので、
今ほどガンヲタってワケでも無かったンです。


ところが、社会人になり兵庫に転勤になった頃から、Mittyのガンヲタが花開きますww
まぁ社会人ですのでそれなりにお金もある。
住み慣れた東京を離れた兵庫で一人暮らし。無論友達もいないww
となれば時間も有り余ってるわけで、暇潰しでガンプラを買ったのが、全ての始まり。
それから幾つかの季節が過ぎ、気がつけば自称ガンヲタと語れるくらいに成長しましたww


Mittyは基本的に1/100スケールのMG(マスターグレード)を作製しているのだけど、
記念すべきMG作製第一号がコチラ。
MS-18E ケンプファー。
「さぁ来い!戦い方を教えてやる!」
ガンプラ_01.JPG

ガンプラ_02.JPG


第一号にケンプファーをチョイスする辺り、既にガンヲタ開花の香りがしますww
強襲用というコンセプト、ハリネズミの如くの武装を次々に使い捨てていく様。
Mittyのハートを鷲掴みにするには十分過ぎます。ミーシャもカッコエエしね。
装甲の薄さを気にしちゃイカン、だって強襲用なんだからww
ケンプファーといえばチェーンマインですが、何度かポージングをさせる内に、
チェーンを再現してる針金がポッキリと折れましたww
いかんせん初めてまともに作製したガンプラですので、ガンプラ作製の知識も無く、基本的にパチ組みです。
今、改めて見ると出来栄えがヒドいww


第二号がコチラ。
MS-07B3 グフ・カスタム。
「怯えろ!竦め!モビルスーツの性能を活かせぬまま死んでゆけ!」
ガンプラ_03.JPG

ガンプラ_04.JPG


この辺りから作製するガンプラにMittyなりの拘りが出てきますww
白兵戦仕様というコンセプト、ヒートワイヤーで敵を屠る様。
Mittyのハートを・・・(ry
特に「ヤッてやる感」が溢れるガトリングシールドに男のロマンを感じます。
が、このガトリングシールドが存外重く、腕の付け根部分だけではポーズをホールド出来ません。
だもんで、見えないように膝にシールドを乗っけてますww
この辺りから作製時に「墨入れ」をする事を覚えました。


お次は年代がグッと進んで逆シャアより。
RX-93 ニューガンダム(右)「ニューガンダムは伊達じゃない!」
MSN-04 サザビー(左)「私、シャア・アズナブルが粛正しようと言うのだ、アムロ!」
ガンプラ_05.JPG


アムロとシャアが登場した最後の作品『逆襲のシャア』
共に最後の乗機となったニューガンダムとササビーは、デザイン的にも洗練されてますナ。
ジオン系MSが好きなMittyですが、連邦系で好きな数少ないMSの一つがニューガンダムです。
やはりフィン・ファンネルがカッコ良すぎです。Iフィールド展開のシーンは鳥肌立ちました。
サザビーはMittyが買ったガンプラの中では一番高額。それだけに非常に精巧に出来てます。
腰部のメガ粒子砲辺りのデザインが特に好きです。
が、足元のスカートが大きすぎて大胆なポーズがとれないのがチョット残念。
ちなみに、この辺りからゲート処理に気を使うようになり、作製時間もドンドン長くなってきますww


最後はコチラ。
小説版『逆襲のシャア』に登場するニューガンダムの完成形とも言える機体。
RX-93-ν2 ハイ・ニューガンダム
「・・・・・」←決め台詞知らんww
ガンプラ_06.JPG

ガンプラ_07.JPG


映像化されてないし、小説も読んだ事ないww
でもとあるゲームに登場しましてね、この機体。
パイロットのスペックもあってか、無類の強さを誇ったワケですヨ。
んで数年前に待望のMG化となり、発売日当日に買いに行ったww
ニューガンダムに比べて更に洗練されたデザインで、非常にスマートな印象すら受けます。
最近のMGはアクションベース(台座)に取り付ける事が出来て、
以前よりグッとカッチョエエポーズをとらせる事が出来るようになりました。
しかしその分、スペースをとるようになり、ショーケースの中に収めるのが難しくなりましたorz
(↑他のガンプラはショーケースの中に入れてある)


他にも作製したものは数点あるのですが、とりあえずこんなカンジです。
最初に比べると作製時間が非常に長くなりましたが、基本的にパチ組みなのは変わりませんネ。
墨入れや筋彫り、ゲート処理、最近は多少ウェザリングなどもしてますが、
あまり手間をかけない様に意識して作ってます。
凝り性のMittyではありますが、手間をかけ過ぎて途中でメンドくさくなるのを避けたいンですww
でもそろそろパーツ合わせ目消しをしたいと思う今日この頃ww


にしても、幼少時に見たガンプラとMGとではクオリティが雲泥の差です。
初めてMGを作った時は軽くカルチャーショックを受けたのを覚えてます。
まぁーーーよく出来てるし、正直子供が買うもんじゃないと思ったネ。
よくよく考えれば、世代的にクリエイターがMittyと同世代なワケで、
色んな意味で同世代ユーザーのツボを突いてくるのが小憎らしいww
良くも悪くも踊らされていますが、別にイヤじゃないのでこれからも踊らされますww


さぁMittyのほとばしるパトスは如何だったでしょうか。
残念ながら次回にまだ続きますww
次回はつい最近完成したばかりの新作ガンプラをチョイと紹介します。


タグ:ガンプラ
あしあと(6)  コメント(4) 

GUNDAM BIG EXPO に行ってみた そのニィ~! [ホビー]

前回に引き続き、GUNDAM BIG EXPO記事です。
今回はZガンダム以降の作品ブースを紹介します。


とはいえね・・・ガンダムヲタクのMittyとはいえ、
ガンダム作品全般について精通しているワケではない。
Mittyが得意分野なのは所謂U.C(宇宙世紀)モノと言われる作品。
昨今の“狙いにイった”ガンダムについては、殆ど知りません。
まぁ、ゲーム等で多少の知識がある程度。
となるとU.C以外の作品ブースでは、大して撮影意欲も沸きませんww
事実、一番撮影に時間を割いたのは、前回までの写真だからねww


とは言え、今回紹介する作品ブースでも、
Mittyの好きなZガンダムと逆シャアが展示されているので、
撮影テンションは上がってます。


まずはZガンダムとMittyの大好きな百式がお出迎え♪
足首の剥き出しムーバブルフレームがイイね!(←マニアックww)
G-Expo09.JPG


というワケで、その後の写真は別ページにて。





GUNDAM BIG EXPO レポート第ニ回。


タグ:GUNDAM BIG EXPO
あしあと(6)  コメント(5) 

GUNDAM BIG EXPO に行ってみた そのイチィ~! [ホビー]

ご存知の方もいるかも知れないけど、Mittyはガンダムヲタクです。
今年はガンダム生誕30周年という事で、色々とイベントも開催されました。
お台場にあった実物大ガンダムもその一つだったワケだけど、
実は先月末の8/21(金)~23(日)の期間、
東京ビッグサイトで、とあるイベントが開催されていたのです。


それがGUNDAM BIG EXPO。
随分前から開催されることは知っていたのだけど、別に大して行く気もなかったのです。
だって・・・暑いし・・・人多いし・・・別にイイや・・・ってカンジでね。


でも・・・。
念願のデジイチを手に入れたMitty。
おまけに折り畳み自転車まで入手して、機動力を確保できたMitty。


というワケで・・・ノリと勢いで行っちゃったww
人があまりに多いようだったら引き返すつもりだったけど、
比較的すんなり入れたので、結構堪能できたww
G-Expo01.JPG


やはりデジイチがあると、こういうイベントでは重宝するね。
何だかんだで300枚位の写真を撮りましたww
写真を厳選しつつ、加工等を施した写真を2回に渡ってお送りいたします。





GUNDAM BIG EXPO レポート第一回。


タグ:GUNDAM BIG EXPO
あしあと(7)  コメント(5) 

ガンダム食玩 蔵出し [ホビー]

前回紹介したMittyのグータラ社員っぷり・・・、ゲフンゲフン。∑( ̄口 ̄)
Mittyのデスクを彩る食玩達。

ガンダムファンでもあるMittyのデスクには、
お蔵入りになった食玩達がまだあったりするので、コレを機に蔵出し撮影。



これは前回の写真にもあったけど、アップにて激撮。
ガルマ専用ザク(マゼラトップ砲装備)と両脇を固めるグフ。
そして前列にマゼラアタック×3。
ガウがあれば最高なのになぁ(笑)
ガンダム食玩01.JPG



シャア専用ズゴック。
ジャブローに潜入した時に、ジムを一突きした時のポーズの様でカッコイイ。
奥にピントを合わせて、手前を上手い具合にボケさせる事に成功♪
(↑Mitty的には成功なの!イイの、コレで!!)
ガンダム食玩02.JPG



なかなか良く出来てる、アッガイのフィギュア。
水中から艦艇を強襲する様が再現されてる。
ガンダム食玩03.JPG



アングル変えて激撮。
内側もよく出来てるでしょう、コレ。
ガンダム食玩04.JPG



最後は年代が大きく進んで、サザビー。
シャアが最後に搭乗した機体だけに、カッコイイ♪
そして赤い(笑)
ガンダム食玩05.JPG



コンデジで上手く撮れる方法を模索中のMitty。
最近は被写界深度ってヤツを考えながら撮ることが多くなったので、
お気に入りの写真を撮るのに、随分と時間がかかるようになってきた。
ま、Mittyのコンデジじゃ、タカが知れてますけどねっ!!
詳細な設定なんて出来るカメラじゃないから、
各モードを駆使して、なんとか映える“画”にするのが精一杯ですよ。orz

そろそろ外に写真を撮りに出かけないとなぁ。
最近、インドアばっかで・・・。σ(^-^;)



あしあと(4)  コメント(3) 

食玩展示場 in Mitty's Desk [ホビー]

前回紹介したトミカの軽装甲機動車。
現在はMittyの会社のデスクに飾ってある。
そう、“他の食玩達”と一緒にである。



で、お披露目(笑)



Mittyのデスクに彩りを与えてくれる食玩達。
食玩01.jpg



えぇ~っとコレ一応、会社のデスクです。
グータラ社員、ここに極まり(笑)
イヤ、チャントシゴトハシテマスヨ?

ちなみにコレは食玩コレクションの一部。
飾りきれないモノは引き出しにしまってあります。
だもんで、Mittyの机の引き出しを不用意に開けてはダメです。
食玩が溢れているので(笑)
まるで釣りバカ日誌の浜ちゃんみたいだ(爆笑)
イヤ、ホントニシゴトハチャントシテマスヨ?



最近の食玩は良く出来てるンですヨ。
ファントムやトムキャット(左手前と左真ん中)は、中々でデティールが細かいし、
オスプレイ(右真ん中)は、後部ハッチが開閉するし、プロペラもチルトする。
零戦(右奥)も中々細かい作りになっている。

グフとガルマ専用ザク、マゼラアタック(左奥)は、
当時かなり躍起になって集めた。^^;
買っても買っても、キュイしか出てこないし(笑)
包装を開けるまで中身が分からない食玩は、
Mitty的コレクター魂を揺さぶってくるのですよ(爆笑)

あぁ、そーいえば、ガンダム系をこのBlogに掲載したのは初めてですな。
何気にMittyはガンダムファンでもあるのですよ。
ガンダム系でも、Mitty散財の証はありますので(笑)、
いずれこの辺もアップしたいですな。

最近、会社の近くのコンビニでは、
Mittyのハートを鷲掴みする様な食玩を扱ってくれてないので、
“新作”が中々増えなかったンだけど、軽装甲機動車(右手前)は久々の“新作”



こーゆーのって、堅苦しい職場に彩りを与えてくれますよね?
ね?ね?Mittyだけぢゃないよね?
そーだと言ってくれぇーーーー!orz



あしあと(5)  コメント(2) 

○○歳のオッサン、トミカを買う。 [ホビー]

ココ最近、愚妹と愚甥がよく遊びに来る。
まぁソレは別にイイんですがね。
ただ愚甥は当然時間を持て余し気味になるので、
愚甥専用のオモチャを幾つか持参してくるワケですよ。
その中に、かつてMittyが遊んだようなモノも幾つかあるワケ。

例えば、トミカだったりプラレールだったり。
この辺はまぁ、男の子だったら“鉄板”ともいえるトコだよね。
で、愚甥が遊んでいるトコを、ボーッと見ていると・・・。

ヤベェ、ちょっと面白そうだなぁ♪って思っちゃうワケ(笑)
流石に愚甥と同じ土俵には立たんが(笑)、
こーゆー車とか電車系のホビーって以外に歳をとってもクる。

ホラ、Nゲージとか車のスケールモデルなんか、
クる大人もいる訳で、それと大して変わらんのだね。
やはり男は“大人も子供も”大して変わらんね。


で、この前。
家でクダを巻いてる愚妹と愚甥を、豊洲ららぽーとに連れ出した。
特に目的があったワケじゃないけど、ブラブラと歩いていくと、
あっ♪見つけちゃった(←確信犯)

アソビットシティ(所謂、おもちゃ屋さん)
愚甥、プラレールコーナーで、すっかりテンション↑↑
Mitty、トミカコーナーで、ガチであるものを探す(笑)

愚甥、プラレールの東海道線を欲しがる。
Mitty、探していたモノを見つけるて、やっぱり欲しがる(笑)
愚甥とMitty、アソビットシティでお買い上げ(ま、どっちもMittyの資金ですが)


で、買ったトミカがコレ。
自衛隊の軽装甲機動車(LAV)
LAV01.jpg


いかんか!?買っちゃ!?
ミリタリー好きのMittyとしては、外せないでしょ?
実車も富士の総合火力演習の時に見たことあるしさ。


でね、最近コンデジでいかに上手く撮れるかを模索中なのですよ。
まずはフォーカスを“浅く”して際立ちを再現できるかに挑戦。
ん~イマイチ(笑)
LAV02.jpg


トミカ、以外によく出来てる。
ドアもちゃんと開くし。
イイ具合に周囲がボケているが、
肝心のピントがあってる場所が違うorz
ちょっと奥にピントが合ってしまった。
LAV03.jpg


内部も“それなり”に再現できてる出来栄えにビックリ。
寄りの写真は結構イケた。
LAV04.jpg


ん~、やっぱ難しいね、コンデジで上手く撮るの。
まぁ一眼レフならもっと綺麗に撮れるンだろうけど、
一眼レフは色んな意味でMittyにはヤバ過ぎる。
絶~っ対に、お金つぎ込むもんMittyの性格的に(笑)
自制自制♪(`・ω・´)


ん?買ったトミカ?
今は会社のデスクに飾ってますよ。
Mittyのデスクは、他にも食玩で埋め尽くされてます。
ソレが何か?(`∀´)


あしあと(5)  コメント(7) 

G3SG/1 [ホビー]

前回紹介したPS3のFPSゲーム、コールオブデューティー4。
その中に登場するアサルトライフル、H&KのアサルトライフルG3。

G3は幾つかのバージョンがあるンだけど、コレは固定ストックタイプのG3A3。

コレはスライドストックタイプのG3A4。
ゲーム中で使用しているのは、多分コレかな?

で、何故コレをMittyが紹介するかってーと、MittyがG3を持っているから。
え!?∑( ̄口 ̄)
いや、所謂ソフトエアガンですけどネ?
ミリタリーホビーの老舗、東京マルイから、
G3系のライフルが発売されているのですヨ。

Mittyが持っているのは、正確にはG3SG/1というバージョン。
G3の生産ラインから、特に精度の良いモノを引き抜き、
スナイパーライフルモデルとした銃。(実銃はネ)

で、コレがG3SG/1-Mittyモデル。

え~、この状態では東京マルイで買えません。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
Mittyの、あらん限りの散財で、こーなっています。

スナイパースコープは勿論、サプレッサー(消音器)、レーザーポインタ装備。
内部はバレルの延長と精度アップ、金属パーツの使用で剛性アップ。
パッキン等も変更して、射撃精度を上げています。
シャーシと機関部以外は、結構パーツ変更してたりします。
まぁ、おかげで重量も上がってるので、かなり重くなってますガネ。

元がアサルトライフルなだけに、フルオート射撃ができるってのが、G3SG/1の魅力♪
精度は、ボルトアクションのスナイパーライフルには及ばないケド、そこは弾幕でカバー!
○ライトさんに、“弾幕、薄いぞっ!”なんて言わせません。

えぇ~、そもそも何でこんなの持ってんだ?なんて声も、
そろそろ聞こえてきそうですが、ソコはとりあえず、スルーです。ヾ( ´ー`)
Mittyだもん、たまにオカシクなる時があるんですよ。
気が付けば、エライ勢いでハマっていたワケ。

別にサバゲとかしてるワケじゃないですヨ?
夜な夜な、秘密の場所で戦友と射撃練習を“してた時期”があったンですよ。
今思えば、よき思い出です・・・。ッてヲイ。\(゜□゜)/

ちなみに、機関部は全くの標準仕様なので、ちゃんとした法規制準拠品。
何かのニュースで、このテのヤツが報道されても、
“やっぱアイツか・・・”なんて思っちゃダメですヨ?(笑)


あしあと(3)  コメント(4) 

結局、大は小を兼ねるってコトで。 [ホビー]

MINI-Z(ミニッツ)で、行き着くとこまで行ってしまったMittyが、
次なる夢(ロマンと読みましょう)を追い求めてハマってるラジコン。

京商のPureTen(ピュアテン)、FW-05Tシリーズ。
エンジンラジコンで、スケールサイズは1/10。

そう、エンジンなんですヨ!(≧▽≦) 排気量は2.5ccで2ストです。
だもんで、燃料はオイルとニトロ混合の専用燃料を使います。
2.5cc?小っちぇ~なぁ? いやいや、コレがかなり速い!
スケールも1/10なんで、迫力ありまっせ。♪(*'-^)-☆

ミニッツと比較すると、こんなん。

ミニッツのボディが前回と違うケドね。
ちなみにこのミニッツのボディは、
バック・トゥ・ザ・フィーチャー2に出てくるデロリアンVer.。
ちゃんとボディも光るンですヨ。

で、どうよ?1/10スケール。スケールがこれだけデカいと、イカす~(≧▽≦)
エンジンのエキゾーストも中々シビれる。
遠心クラッチが付いているので、2段変速もしたりする。
いずれ、動画もアップしたいねぇ。(´∀`)

中身はこんなん。

右奥の青いのがエンジン。その手前がエアクリーナ。
中央の白っぽい箱が燃料タンクで、その左に微妙に見切れてるのがマフラー。
もう、ココまでくると実車と全く一緒。

ミニッツで湯水の如く資金を投入して、ミニッツを改良したMittyだけど、
今回は限りなく“どノーマル”で走ろうかと思ってるンですよ、一応。
いや、だってパーツの数が段違いだし、出来る事があまりに多すぎて・・・。
凝り性のMittyがヤリ始めたら、それこそミニッツと比較にならないくらいの
資金が飛んでいきそうで、さすがのMitty、チョット怖いね。f^_^;
だもんで精一杯自粛中。(^o^;)

まぁ、友人に言わせれば“アナタは絶対にヤル!ミニッツの改良見れば分かる!”って事らしい。
ん~、全力で真っ向から“そんな事無い!”って言えないなぁ・・・。orz


あしあと(2)  コメント(3)