So-net無料ブログ作成

インドネシア再び [グルメ]

随分と前の記事になりますが、
インドネシアに出張に行った記事をお送りしました。
あれから数年が経過しましたが、
今回、再びインドネシア記事をお送りする事になります。
そう、インドネシアに行ってきたのです。


同僚がなww


うん、Mittyは今回は行ってませんww
今回の案件はMittyが絡む仕事内容では無かったので、
かつてMittyと共にインドネシアに出張に赴いていた同僚のS氏のみが、
現地に行っていたのです。


Mittyが過去に出張に赴いた際には、様々なお土産を現地で購入しましたし、
中にはMittyの琴線をエラく刺激したお土産なんかもあったりしましたが、
今回Mittyは日本でお留守番でしたので、
S氏には予め、「コレを絶対に買ってきてくれ」と、
幾つかのお土産を指定しておいたのです。


そんなこんなで、件のS氏がチョイと前に帰国しましてね。


お土産を頂きましたww
これは前回も買ったお土産の一つでもある、粉末コーヒーと粉末ナシゴレン。
インドネシア再び_01.JPG


基本的にコーヒーが苦手なMittyですが、コレなら飲めるww
というか、素でかなり甘いコーヒー(というか、カフェオレ)なので、
Mittyをしてフツーに美味いと思える唯一のコーヒー。
粉末ナシゴレンは乱暴に言ってしまえば、ただのチャーハンの素なので重宝しますww
味付けも至ってフツーなのでww


さて、インドネシアのお土産と言えば、Mitty的に絶対に外せないモノがあります。
そう、サンバルですww
あのクセになる旨みと辛味。
似て非なるモノは日本でも購入できますが、あの味そのものを日本で手にする事は殆どありません。
今回、S氏のインドネシア出張が決まった時に、真っ先にS氏に懇願しました。
「ともかく、たくさん買ってきてくれ」とww


結果、たくさん頂きましたww
インドネシア再び_02.JPG


依然とパッケージが変わっていますが、名前は同じ。
というか、日本を出立する前に過去記事から写真データを起こして、
「コレを同じモノを!他のはいらんから!!」と、マヂで懇願しましてww


ただMittyもS氏も、まさかパッケージが変わっているとは思わなくてですね。
S氏も現地で随分探したらしく、少ない情報から「恐らくコレだろう」と買ってきてくれたのです。


うん、肝心のお味ですか?


ヤヴァイですよ、相変わらずwww
野性的な旨みに中にある、ガッツリとした辛さ。
これが病みつきになるww
ここ最近のMittyの食卓に、このサンバルが上がらない事は無いですww
前回と違って量も沢山あるので“ふんだんに”使っています。
まぁー・・・摂取し過ぎてお腹を壊す事もしばしばですがww


辛さのレベルですか?
そーですねー・・・。
摂取した翌日は、うんこすると肛門がヒリヒリする位ですww
そりゃー、腹も壊しますわww
でも、止められないww
もはや病気ですww


閑話休題


今まで紹介したお土産は、全て事前にMittyが指定したお土産なワケですが、
Mittyが辛いモノ好きな事をよく知っているS氏。


おかわりをくれましたww
コレはMittyも初めて見ますww
S氏が現地で見つけた時に「コレだ!」と思い、買ってきてくれたらしいww
インドネシア再び_03.JPG


コレ、簡単に言ってしまえば粉末状のサンバルww
よーーく見てみると、各パッケージ数字が書いてありますが、
実はコレ、辛さのレベルww
左から順に「10」「15」「30」とありますが、数字もさることながら、
書かれているイラストが、かなりドイヒーww


現時点で「10」のみを開封し使用していますが・・・。
コレはヤヴァイww
かなり旨いですよ、コレww


確かに辛いですけど、サンバルらしい旨みがしっかりと効いているので、
ご飯モノとかに軽く和えるだけで、かなり美味しくなります。
感覚的には“ふりかけ”に近いかもしれません、辛いけどww


とはいえ「10」ですからねー。
確かに辛いですけど、辛いモノ好きのMittyにしてみると少々物足りない。
近々「15」を開封する予定ですが、何故か「30」には手を出し難いww
だって、あのイラストが食欲を刺激し無ぇーんだモンww


まぁーでも、開封して直ぐに痛むモノでも無いですし、
口唇がヒリヒリして、自然と涎が出てきてしまう位の辛さが、実はMitty好みww
辛いモノってハマると“もっと!もっと!!”みたいな欲求も出てきますからねーww


なんつーか言葉尻だけを抽出すると、ただのドMのド変態のよーですが、
多分間違ってはいないので、否定はしませんww


辛いモノ好きは皆ドMですww
(偏見ww)


あしあと(11)  コメント(2) 

とさかと竜葵 [グルメ]

元同僚にして飲み仲間でもあるK氏という友人がおります。
実はこの過去記事で醤油をくれたのがK氏だったりします。
職場を離れた後も、K氏とはチョイチョイ飲む間柄でして、
飲んだくれた後に互いの自宅に乱入する事もある程の仲だったりします。


そんなK氏から以前、旨いラーメン屋を紹介された事があったのですよ。
ラーメン屋のある場所自体はMittyも良く知っていますが、
件のラーメン屋自体を認識した事は無く、当然行った事も無い。
K氏は料理男子でもあるので中々に舌も肥えてますし、
そんなK氏が旨いというラーメン屋なら、是非とも行ってみたい。


だもんで先日、そのお店に行ってみようかと思い立った矢先、
なんと当のK氏から連絡がきます。


「今夜はドコで飲みますか?」とww


さも事前に約束してたみたいな文言になってますが、K氏恒例の突然の誘い文句ですww
んーーー嫌いぢゃない、むしろ好物ですww


Mittyとしては快諾の意を示す以外の選択肢がありませんww
とりあえず、馴染みの店の前で待ち合わせする事にしました。


その馴染みの店がコチラ、JR川口駅近傍にある「とさか」さんです。
とさかと竜葵_01.JPG


同名のお店が西川口にもありますが、Mittyは元々ソチラのお店に良く通っていましてね。
一時期は週3回行っていた時もありましたねーww
お陰で店長や店員さんの覚えも良かったですw


ところが、その時の店長が川口店の方に異動になりましてね。
西川口駅と川口駅は一駅しか離れてませんし、
せっかくなので川口店の方にも顔を出すよーにしたのですww
店長もわざわざMittyが顔を出すとは思っていなかったらしく、喜んでくれましたねー。
こーゆーのがあると、やっぱまた行きたくなるンですよねー。


メニューは多少の差こそあれ、川口店も西川口店も大体同じです。
ただ、「とさか」は日本酒がまぁまぁ豊富でして、
品揃えも半月ほど変わるので、連続して通っても飽きないンですよね。
旬モノも絶妙なトコを押さえてきますし。
それに比較的珍しい「赤星」こと「サッポロラガービール」が置いてあるのもポイントが高いです。
何より大事な事は・・・「とさか」は庶民の財布に優しいのですww
とさかと竜葵_02.JPG


閑話休題


さて、とりあえずK氏と「とさか」で飲んだくれる事にしたワケですが、
そもそもの目的であるラーメン屋自体を忘れたワケではありません。
K氏には「今日は飲んだ後に、以前紹介してくれたラーメン屋に行きたいのだ!」と通告しておいたので、
「とさか」で軽く飲んだくれた後に、K氏と件のラーメン屋に行く事にしました。


さてココで一つ。
最初の写真である「とさか」の写真。
「とさか」川口店は路地の角にあるのですが、
その路地の入口までカメラを引いて路地を撮ってみます。


ラーメン屋、みぃーつけたww
とさかと竜葵_03.JPG


この距離感、最高ww
右奥にあるのが「とさか」川口店ですww


看板にあるよーに、名古屋コーチンを使用した塩ラーメンのお店「竜葵」さん。
そして名古屋繋がりという事なんでしょーか、
ラーメン屋では非常に珍しい「ひつまぶし」があったりします。
とさかと竜葵_04.JPG


店内は全席カウンターで10席程度でしょーか。
店外には並んで待つ人もいる程の人気店のよーで、女性もチラホラ見かけます。
まー回転が速いので、並んでいてもあまり気になりませんけどねー。


テーブル前の調味料軍団も中々に素敵ですww
「ひつまぶし」用だと思われる「あられ」「ゆず胡椒」「山椒」。
珍しいトコだと「ヘアバンド」や食後用と思われる「飴」まで、テーブルに常備してあります。
とさかと竜葵_05.JPG


コレも珍しいですねー。
K氏のストライクな味だったらしく、ラーメンにメッチャ入れてましたww
確かに果実の味がして結構旨い。
とさかと竜葵_06.JPG


Mittyがオーダーした看板メニューである「塩そば」と「ひつまぶし」。
「ひつまぶし」はサイドメニュー的なカンジで、量は少なめ。
併せて1,000円チョイといったトコでしょーか。
とさかと竜葵_07.JPG


まずは「塩そば」。
塩ラーメンって結構難しいジャンルだと思うのですが、
看板メニューに据えてるだけあって旨いです。
基本アッサリとした優しい味なんですが、
食べ進めてると色んな旨みがドンドンと感じられてくるあたりは、
流石専門店だなぁと言えますね。
チャーシュー、というかお肉に鳥と豚の両方があるのも珍しいですね。


ついで「ひつまぶし」。
これがヤヴァイww
塩ラーメンにメチャ合うww
鰻の香ばしさやタレの味が、塩ラーメンを引き立てます。
「ひつまぶし」の量自体が少ないせいもあると思うのですが、
小食のMittyをして軽く完食レベルですね。


なにより「ひつまぶし」ですからねー。


塩スープに浸して頂きますよぉぉww
こんなん普段は出来ませんからねぇ、うひひww
とさかと竜葵_08.JPG


いやぁマジ旨しww
これは・・・リピートする、確実にww
並んでまで食べたくなる気持ち、分かるわww


「とさか」で気持ち良く日本酒の飲んでからの~・・・塩ラーメン&ひつまぶし。
コレは太り・・・ゲフン、捗りますわww
4月に控えている健診。
そんなモンは脳裏の片隅でホコリでも被っていれば良いww


タグ:とさか 竜葵
あしあと(8)  コメント(4) 

一平 [グルメ]

先日、飲み仲間であるN氏とM女史と飲んだくれてきました。
元々は久々に星見でも行こうかと声を掛けたのですが、
冬の山中は寒いからイヤだという理由で却下され、
ならばいつもの如く飲んだくれよーという事になりました。
うんうん、この流れは至ってフツーだよなw


さて、肝心の飲んだくれる場所ですが、
M女史が以前から気になっている店があるらしく、
今回はまずソコを目指してみる事にしました。


曰く、16時半に開店らしいのですが
17時には満席になってしまう程に人気店だとか。
だもんで最寄りの駅に16時前後に集合し、件のお店に突撃開始。


それがコチラ。
東武スカイツリー線の武里駅近傍にある「新潟や 一平」。
一平_01.JPG


この時点での時刻は16時20分程。
人気店と聞いていたので、お店の前に行列でもあるのかと思っていたのですが、
お店の前に行列は皆無。


店内に明かりは見えませんが、扉に鍵は掛かっていないらしく、
N氏が扉を開けて店内の様子を伺います。


するとN氏、「早く店内に入ろう!」と急かしてきます。
幾ら扉に鍵が掛かっていないとはいえ、まだ開店数分前。
どーいう事なのか、戦々恐々としながら店内に入ると・・・。


分かりますかね。
店内、既に満員ですww
一平_02.JPG


店内の明かりは灯っていませんが、明らかに【常連さん達】と思わしき方々が、
既にカウンターを占有しておりますww
店内はカウンターが15席ほどで、テーブル席が1席のみ。
Mitty達は運よくテーブル席を確保できましたが・・・。
まさか16時半開店で、16時半前に満席になってるとは思わなんだww


16時半の開店と共に数人の方々が来店されていましたが、
カウンター席の方々が少しずつ席を詰めて、何とか座れている状態。
その【常連さん達】の手慣れた様子や、開店と同時にお店の方々と魅せる独特の雰囲気。
正に地元民が集う飲み屋ってカンジで、なんとなく【お店独自のルールやマナー】を肌で感じます。
そんな中で初来店のMitty達、少しキョドりますww
が!この空気感・・・大好物ですww


店名にあるよーに、新潟のお酒が豊富なよーですが、
何より店内に書いてあるコメント的なヤツが、Mittyの琴線をエラく刺激しますww
一平_03.JPG

一平_04.JPG

一平_05.JPG

一平_06.JPG


クッソww
こーゆーの大好物だよっww


地元・常連感が漂うお店ですが、新参のMitty達に排他的というワケでもなく、
Mitty達が日本酒好きだという事が店員さんに知れると、
メニューに載ってないよーなお酒も紹介してくれましたねー。
看板に偽りなく、新潟の地酒を数多く取り揃えてましたね。
焼き鳥がメインとなっているよーですが、
メニューに載っていない日替わり一品的なモノもあるよーです。
一平_07.JPG


こーゆーお店、結構好きなだなぁww
端々に感じる独特のセンス、大好きですww
N氏やM女史って、このテのお店を見つけるのが上手いンだよなぁww


Barなんぞで気取って飲んだり、静かなお店でシットリと飲むのも好きなMittyですが、
こーゆー雰囲気やセンスのお店も大好きなんですよねー。
まー、ただただお酒を飲むのが好きなダケな気もしますがww


この「一平」には1時間半位は居ましたけど、当然全くもって飲み足りないMitty達。
河岸を変えて、なんだかんだで2軒ほどハシゴ酒となったよーですww


ん?
なったよーです、とな?


ハイ、2軒目以降の記憶が全てトんでおりますww
翌朝、ちゃんと自宅のベッドで目を覚ましましたが、
行った記憶の無いお店のレシートが財布に入っていて、久々に震えましたww

少々、後悔。
でも、きっとまたやらかすww
それがMittyクオリティww






03/11(日)の更新はお休みします。
次回更新は03/18(日)を予定しています。


タグ:一平
あしあと(10)  コメント(4) 

冬と言えば! [グルメ]

そう、冬。
冬と言えば、皆さんは何を想像しますか?


クリスマス、ウィンタースポーツ。
旬モノで言えば、イチゴやみかん。
ブリなんてのも旬ですよね。
日本酒でいえば、新酒のシーズンでもありますね。


でも日本古来の旬モノも、この時期だったりしますよね。


お歳暮ですww
冬と言えば!_01.JPG


過去記事で何度か紹介してますが、
Mittyはお中元・お歳暮の遣り取りをする人だったりします。
といっても、誰彼に贈っている訳では無く、
「地方在住で会う機会が少なく、それでいて住所を知っている友人」に限定してます。


こーする事で、お礼の連絡を双方する機会にもなるので、
お互いの縁を繋ぎ合っているンですよね。


近隣の友人?
そんなんしませんヨww
だって、会おうと思えばいつでも会えるからww


閑話休題


某友人から頂いた今年のお歳暮。
Mitty的にドストライクだったので、チョイと紹介。


何がストライクかって?


鍋セット、もろたーー!!
冬と言えば!_02.JPG


贈ってくれた友人は愛知県在住だったりするので、
名古屋コーチンの鍋セットを贈ってくれました。
セット内容は出汁と肉団子と鶏肉。
まーそれは分かります。


だた同梱されていた「海香る関門海峡」は、どーにも解せぬww
んで、よくよく見てみると・・・。


ふぐちり鍋セットも入っていたーww
冬と言えば!_03.JPG


実はMitty、そもそも鍋が大好きww
オールシーズン、鍋を食べてますww
冬は勿論、夏でも食べますww


まーぶっちゃけ言えば、鍋ってラクなんスよねーww
食材の下処理も大していらんし、
鍋に突っ込むだけで、それなりに食べれますしww
そもそも小食なMittyは、そんなに具材も使いませんしね。
鍋の出汁も今は簡単なセットが売ってますし、
出汁の味を変えれば、同じ具材でも全然イケるので、
結構重宝してるンですよ。
残った出汁は、翌朝おじやにして食べれるしww


ちなみにMitty的鍋具材は、もやし・水菜・豚ロースですww
万能食材もやし万歳ww


そんな、普段から貧乏鍋を食しているMittyにとって、
この鍋セットは豪華すぎますww


というワケで。


まずは名古屋コーチン鍋を食しますww
追加具材はネギと白菜、あと最近ハマっているシイタケ。
冬と言えば!_04.JPG


勿論、ポン酢で頂きます。
久々に鶏肉が入った鍋を食べた気がしますww
鶏肉団子がメチャ美味いですww
冬と言えば!_05.JPG


そして翌日。


次はふぐちり鍋を食しますww
追加具材はネギと白菜、豆腐。
あとそろそろ冷蔵庫でしなびてきた水菜を緊急参戦させましたww
冬と言えば!_06.JPG


ポン酢とモミジおろしは付属していたモノを使用しました。
つーか・・・マヂで久々にふぐ食べたわww
冬と言えば!_07.JPG


ただ、付属のポン酢だけだと、
どーしてもポン酢の量が少なくなっちゃいます。
出汁自体でポン酢も薄くなるし。


そんな時は、Mittyのポン酢軍団の登場ですww
冬と言えば!_08.JPG


鍋好きのMittyにとって、各種ポン酢は必要不可欠ですww
鍋だけでなく肉やサラダにも多用しているので、
この辺のポン酢軍団は冷蔵庫に常備してあるのですww
ちなみに最近のヒットは右奥の「生おろしポン酢」ですww
歳のせいか、脂っぽい肉料理にさっぱりとした生おろしが優しいですww


うん?肝心の鍋ですか?
美味しかったですよー!当たり前ぢゃないですかー!!


ただねぇ・・・惜しむべくは・・・。
鉄板焼きやBBQ、もんじゃなんかにも同じことが言えますが、
鍋って画的に映えないのなww


具材が山盛りならまだしも、如何せん一人前の分量ですからねーww
ぶっちゃけ、何回かアングル変えて撮ってみたンですけど、
どっからどーみても、鍋は鍋でしたww


なら、なんで鍋を題材にした記事をアップしたのか。
んなもん、決まってる。


ポン酢軍団を写真に撮ってアップしたら面白いかな、と思ったからだよww
オッサンが冷蔵庫からポン酢を取り出して、綺麗に並べた上で写真に撮る。
ホラ、想像すると少し切なくなるでしょww


だから・・・せめて笑ってぇぇ・・・ww


タグ: ポン酢
あしあと(9)  コメント(3) 

Soy Sauce [グルメ]

Mitty、比較的料理に造詣がある方だと自負しております。
まー酒飲みとして、方々の飲み屋で色んな料理を口にする機会も多いので、
必然的に舌が肥えます。


家飲みする時なんかは、
チョットしたモノなら自分でササッと作った方がラクですし、
味付けも自分好みに調整できるのでね。


そんな料理において便利、というか大事なのが調味料。
料理自体は好きですが、あまり手間を掛けるのは好きぢゃないので、
手軽に味の調整が出来る調味料は、Mittyにとっては非常に大事。


昨今、食材屋さんに赴けば
一風変わった調味料なんかも数多く揃えてありますし、
事実Mittyも重宝してたりまします。


そんな調味料の中でも、日本人にとってのソウル・フード、
いや調味料だからソウル・シーズニングかww
そんなソウル・シーズニングといえば、やはり醤油。


そう、コレが最近のMittyお気に入りの醤油。
「つぎ足す 鰹だし濃口醤油」。
醤油_01.JPG


Mitty家に遊びに来た、
同じく料理好きの友人から手土産で頂いたのですが、
コレ、メッチャ美味いのよww


商品名の如く、ある程度使用したら醤油を継ぎ足して使用するこの醤油。
というのもですね、コイツの瓶の中には、
少々分かりにくいですが鰹節そのものが入っているのです。
醤油_02.JPG

醤油_03.JPG


この鰹節からにじみ出る旨みがハンパ無いのですww
色味的に塩っぱそうですし、字面も濃口醤油となってますけど、
正直、塩っぱいといういうより、ともかく濃いってカンジですww
鰹節の旨みが凝縮されてるってカンジなので、
フツーの醤油の様に使うのではなく、チョイ足しの調味料として使ってますね。


こー書くと、これまた万能調味料のめん汁のよーにも聞こえますが、
めん汁とは明らかに違うンですよねー、これを言葉で説明するのは難しいですがww
今や、Mitty家の食卓には欠かせない逸品になってます。


ただですねぇー、一つ難点がありましてね。
Mitty的に久々のHitとなったこの醤油。
お陰でMitty家でも中々の消費量になり、
過日、瓶にフツーの醤油を補充して1週間程寝かせたンですよ。


結果、旨みが全然出てねぇww


香りからして未だフツーに醤油の香りがして、
食してみても初期状態の旨みが全ッ然出てねぇww
調べたところによると、最低でも2週間以上寝かせないと、ダメっぽいですww


ただ、現状の消費量から逆算すると、
寝かせる様の瓶を別途用意したとしても、2週間も持たないンですよねww
件のTKG装置を使って、理想のTKGを食したいトコなんですが、
それすらも現状ではままならない。


どーしたモンか・・・。


そこで天啓。
この醤油、友人から頂いたモノなので、どこで購入したかは分からなかったのですが、
実はMittyがよく立ち寄る食材屋さんにフツーに置いてあったのです。


うん、複数買ってローテーションだなww
別におかしくは無いよね?ww


あしあと(11)  コメント(3) 

TKG!TKG! [グルメ]

Mittyのサプライズ誕プレ事件から早1ヶ月。
遂にMittyの誕生日である11月になった、とある日の事。



サプライズ事件の首謀者たるYさんから荷物が届きましたww
TKG_01.JPG


まーどう見ても誕プレでしょーなww
ぶっちゃけ、届く事自体は予想してましたし、中身に関しても当たりはついてました。
恐らく、ガンプラだろう・・・とww
実はソレを匂わせる前フリもあったので、恐らく何かしらのガンプラだと思っていたのです。


ところが!
包装を取ってみて、Mittyは膝から崩れ落ちましたww


「究極のTKG」もろたww
TKG_02.JPG


ココでまさかのフードトイww
ズルいわ、こんなんww
膝から崩れ落ちたのは、
良い意味で予想の斜め上を行くプレゼントだったからですww


確かにMittyはTKG、大好きですよ?
そのテのネタをこのblogでブッ込んだ事もありますし。
でも、これを誕プレにチョイスする、そのセンス。


こーゆーのMitty、大好物ですww



閑話休題



さて、せっかく頂いたので、早速実践してみる事にしました。
いやぁーblogのネタ的にも捗りますわーww
TKG_03.JPG



卵は冷蔵庫にあった、ごく普通の卵を使用します。
動力として単2電池が必要との事でしたが、
若干古めの単2電池があったので、それを使用。
TKG_04.JPG


そもそも、この「究極のTKG」。
卵の殻を割る+黄身と白身を分離+白身を撹拌してフワフワ、
という機能が盛り込まれているシロモノ。
中でも撹拌した白身が絶妙とのウワサが、web上でも囁かれていたのです。


ちなみに写真は自室で撮ってますww
キッチンは画的に背景が映えないのでねww
まー汚れるモンでも無いですからね。


というワケで、まずは卵をセット。
TKG_05.JPG


上部の突起部をチョップ!!
TKG_06.JPG


すると、生卵がニュルンと落ちてきます。
TKG_07.JPG


皿には白身を分離する為の穴が開いていまして、
黄身は上皿に残り白身は下皿に落ちていきます。
この下皿に白身撹拌用のブレードが付いていて、
スイッチを押すと白身が撹拌されるという仕組み。
TKG_08.JPG


ところが、ココで問題発生ww
最近では殆ど使う機会が無い単2電池。
自宅にあった単2電池も随分と以前に買ったシロモノ。
どーやら電力不足のよーで・・・。
撹拌ブレードの回転がものッ凄い遅いww
洗濯機の手洗いモードより遅い回転ですww


そして更に問題発生ww
白身を撹拌していれば、モコモコと泡立つハズなのに、
いつまで経ってもサラッサラww


おまけに白身を撹拌してるはずなのに、何故か黄色付いてくるww
TKG_09.JPG


黄身、漏れてましたww
どーやら、卵を割る時のチョップが強すぎたよーですww
TKG_10.JPG


と、とはいえ!
ちゃんと食べれる生卵である事には変わりないよね(震え声)!!
さぁさぁ!実食!!
TKG_11.JPG


そして、今回最大の問題発生。


米、炊いてねぇww


冒頭とは真逆の意味で、膝から崩れ落ちましたww
この詰めの甘さ、Mittyクオリティここに在りww


閑話休題


膝から崩れ落ちたままでは、「究極のTKG」を体験できませんのでね。
日を改めて、再度チャレンジしてみました。


米の準備は万端!
単2電池もエボルタを用意ww
撹拌ブレードの回転数も順調ww


おおぅww
コレだよ!コレ!!
黄身の漏れも無く、正にメレンゲ一歩手前の白身!!
TKG_12.JPG


そして、炊きたてのご飯に!!
彩りとして、とび子を散らして白身に醤油を少々。
TKG_13.JPG


うん、美味いです。
特に白身のフワフワ感が凄いです。
それ自体の味はしませんが、食感が良い。
だからこそでしょーか、黄身の濃さが際立ちます。
白身と混ざっていない分、フツーの卵であっても黄身が濃く感じます。


コレは確かにフツーのTKGでは無い。
ちょっと豪華なカンジがしますね。
それなりに手間掛かってるしww


日常のTKGに、
ひと手間かければ美味しくなる「究極のTKG」。
中々に良いモノを頂きました。


Mitty家にお越しのお客様におかれましては、
是非とも一度ご賞味下さいませww


あしあと(6)  コメント(4) 

めんくみ [グルメ]

最近、めっきり冷え込んできましたね。
世間はすっかり秋の装い、といったカンジでしょーか。
まー・・・リアルタイムでは絶賛台風直撃中ですがww


さてさて。
日々これだけ寒いと、
やはりそろそろ暖かいモノが恋しくなりますよね。


暖かいモノ。
お布団、コタツ、鍋、熱燗。
色々とありますよね。
しかし、忘れちゃならねーアイツも大事。


さぁ、暖かいラーメンでも食べますかww
まー真夏でもラーメンは食しますが、
やはり寒い時の方がありがたみを感じますww
めんくみ_01.JPG


岩槻駅近傍、2号線沿いにあるラーメン屋「めんくみ」さんです。
以前紹介した田中屋本店と並び、坂長酒店のついでに寄る事が多いお店ですww


店内は落ち着いた雰囲気で、レトロチックな内装です。
席数も多く、テーブル席も多いですね。
めんくみ_02.JPG

めんくみ_03.JPG


メニューです。
サイドメニューが豊富ですね。
チョイ飲みも出来るよーで、お酒のメニューも豊富です。
ま、このお店で飲んだ事ないけどww
めんくみ_04.JPG


ちなみにMitty、この記事をアップしてる時点で
片手で足りない程度に「めんくみ」さんに行ってますが、
オーダーするのはド定番の「しょうゆめんくみラーメン」だけですww
冒険する勇気も中々発揮できないww



テーブルには各種トッピング♪
このトッピングの豊富さはMitty的に大正義ww
「フライドガーリック」は、まぁ左程珍しくはありませんが、
「ローストオニオン」「だし粉」は中々に珍しい。
めんくみ_05.JPG


満を持してのご登場。
ド定番「しょうゆめんくみラーメン」。
あぁークソ、記事書いてて腹減ってきたわww
めんくみ_06.JPG


ジャンル的には醤油豚骨。
背脂も結構浮いてますが、それ程こってりというワケでもありません。
というのも、スープに柚子皮らしきモノが入っているので、
あまりしつこく無いのですよね。


具は定番をキッチリ押さえてますね。
チャーシューは所謂、トロフワ系。
麺は中太で若干の縮れで、そこそこのコシがあります。


ある程度麺を食べたら、
「フライドガーリック」「ローストオニオン」を投入するのがMittyスタイル。
「フライドガーリック」のコク、そして何より「ローストオニオン」がヤヴェww
玉ねぎの旨みと甘さが、一気に広がります。
ぶっちゃけ、コレが楽しみで「めんくみ」さんに行ってると言っても過言ではないです。


ま、何だかんだ一言でいえば、かなり美味いッスww
じゃなきゃ、blogで紹介しないし何度も足を運んでないww
田中屋本店といい、坂長酒店の帰途は何かと捗りますww


ラーメン屋さんに限らず、
初めて行く飲食店って良くも悪くもギャンブルぢゃないですか。
昨今、美味いのは当たり前ですから、要はお店の雰囲気も含めて、
どれだけ“自分の好みか”ってトコですからね。
ネットでの評判も当てになりませんから、結局は自分で開拓するしかない。


となれば、当たりハズレがあるのは当たり前。
この「めんくみ」さんは運よく当たりでし、
人に紹介したくなるレベルのお店でした


友人・知人からは「Mittyは本当に当たりを良く引く」、
なんて評価を頂いてますが、正確には・・・うん、違うぞww


当たりしか紹介してねぇーからだよww


ハズレを紹介して欲しければ、幾らでも紹介しますww
ご一報下さいww


タグ:めんくみ
あしあと(5)  コメント(3) 

船橋屋 [グルメ]

何気に引っ張りまくっている亀戸編。
一応、今回で〆となりますのでご安心をww


前々回の記事で「Mitty的な亀戸のド定番」たる、
「亀戸天神」と「イシイの甘栗」を紹介しましたが、
実は上記2つ以外にも「Mitty的ド定番」があったりするのです。
それこそMittyの中では必ず「亀戸天神」とセットになる、
と言っても過言ではない定番中の定番。


随分と前の亀戸記事でも軽くだけ触れた事があったのですが、
ちゃんと記事として紹介した事が無かったので、今回改めてご紹介したいと思います。


「船橋屋」さんです。
船橋屋_01.JPG


所謂、老舗の甘味屋さんです。
そして亀戸といえば船橋屋、船橋屋といえば亀戸。
亀戸天神にお参りしたら、必ずココを訪れますし、
Mitty家の年始回りで亀戸に集まる時は、
Mittyの親戚一同があるモノを必ず購入する程ですww


船橋屋さんの名物、くず餅です。
これ、めっちゃウマいのよww
黒蜜もきな粉も非常に上品な味で、食べていても全然飽きない。
船橋屋_03.JPG


基本的にはお持ち帰りする事が殆どなんですが、
船橋屋さんは店内で甘味を楽しむ事も出来ます。
まーMittyは亀戸本店しか行った事が無いので、
他店舗がどーだかは知りませんがww


年末年始や夏盆辺りは人出も多くなるので、
店内でゆっくりと甘味を楽しむ事も難しいのですが、
それ以外の日は大体がゆっくりと出来ますかね。
この雰囲気の中で甘味を楽しむのが中々に良いのですww
船橋屋_02.JPG


定番のくず餅もありますが、それ以外の甘味も中々に豊富です。
あんみつ、みつまめ、その他和風甘味の定番が揃います。
お持ち帰りもイイですが、やはり店内でゆっくりと甘味を楽しむのが、
Mitty的な船橋屋の正解ルートですww


この日は夏真っ盛りという事もあって、かき氷も限定メニューにありましたね。
甘味屋さんのかき氷・・・惹かれますww
ただ、Mittyは船橋屋さんの店内では、だいたいコレ!ってモノがあったります。
今回も、ブレずにソチラをオーダーしました。


Mitty的な定番、ところてんです。
コレが美味いのよww
特に醤油酢が抜群に美味い。
コレだけ飲めるくらい、旨みが効いてます。
船橋屋_04.JPG


まーぶっちゃけ。
かき氷もスゲー悩んだンですけどねww
だって・・・隣で食べてる人の見たら、スゲー美味そうだったンだもんww
ただ、如何せんですね。
時系列的に前回記事で紹介した「菜苑」で純レバ丼を食した直後だったモンで、
胃がオーバーフロー気味だったンですよねーww
次回は、また違った意味でリベンジしてみたいですww


神社やらお寺の参道には、何かしらこのテの甘味屋さんはあると思うのですが、
亀戸天神においては、この船橋屋さんだと思うのです。
亀戸、ひいては亀戸天神にお越しの際は、是非とも立ち寄って頂きたいプレイスですね。


タグ:船橋屋
あしあと(8)  コメント(3) 

菜苑の純レバ丼 [グルメ]

2週間ブリの更新です。
お盆時期、皆さんは如何お過ごしでしたでしょうか。
まー今回の更新はお盆とは何にも関係ない、前回からの続きですけどねww
何の事かよく分からん方は、前回の記事でも読めばよいww


というワケで。


久々に半地元たる亀戸に赴いたMitty。
例によって亀戸天神とイシイの甘栗を堪能したのですが、
そもそもは、とある目的があって亀戸を訪れていたのです。


「孤独のグルメ」ってご存知ですよね?
まぁー知らない方はwikiって頂くとして、
「孤独のグルメ」で紹介されている街やお店が、
自身が知っているトコだったって事は、
そう珍しくないと思うのですよ。
実際、Mittyも何回かはありましたしね。


そんな中で、この亀戸もかつて「孤独のグルメ」で取り上げられた事がありまして、
「とあるお店」の「とあるメニュー」が作中で紹介されたのです。
実はその時まで、そのお店自体を知らなかった事もあって、
もの凄く興味を惹かれたンですよね。


その時から少々時は流れてしまいましたが、満を持してやってきたのです!
そう、今回の目的はズバリ「そのお店」に行って、「とあるメニュー」を食すこと事なのです!!


中華料理、「菜苑」さん。
開店時間30分前ですけど、既に10人以上のお客さんが並んでいます。
「孤独のグルメ」の影響もあるンでしょーけど、”相変わらず”の人気っぷりですね。
菜苑_01.JPG


ハイ、今まで来た事が無いのに、“相変わらず”と言える理由。
えぇ・・・実は菜苑さんに来る事自体は、実は初めてでは無くて、
半年以上前に一度チェレンジしているのです。
ただ、その時は昼過ぎにも関わらず中々の行列でして、
しかも最後尾の方が「本日売り切れ」の看板を持っていたンですよねーww


その時はマヂで口にしましたねーww
「マヂかよ!?」とww


それから時が流れて約半年。
今回は開店前を狙っていったのですが、
まさか既に10人以上も並んでいたとは予想外でしたww
まー流石にこの時点で売り切れって事は無いので、それは一安心ですがww


店内は20人も入れないですかね。
古式ゆかしい感じの「ザ・中華料理屋さん」ってカンジですね。
菜苑_02.JPG


Mittyは幸いにして一巡目で入店できたのですが、
まだまだ店先に並んでいる方達は沢山いましたねー。
メニュー自体は左程多くなく、
お客さん達も大半は「とあるメニュー」か、それ”絡み”の品をオーダーするようです。


さてさて。
Mittyはド定番たる「とあるメニュー」をオーダーしました。


これがウワサの純レバ丼です。
菜苑_03.JPG


レバニラからニラを除いたので純レバ。
甘辛く濃い目の味付けのレバ、シャキシャキの大量の白ネギ。
そしてライス。
これを松重さんが美味そうに食べてるのをTVで見れば、
そりゃー気になってしゃーないワケですよww


そんな純レバ丼。
作中で松重さんも仰ってましたが、想像以上のヤンチャ飯ですww
レバ自体は小ブリで食べやすいのですが、ともかく味付けが濃いww
でも、その濃い目の味を抑えてくれるのが大量の白ネギ。
これらをライスと一緒にグチャグチャに混ぜて食べると、あら不思議。
爆裂美味くなるww


これは確かに他所では味わった事が無い味ですね。
それでいて、クセになる何かを感じますww


ただ、見た目以上にボリュームがありますww
正直、Mittyには少々多いですww
ぶっちゃけ、女性には少々厳しい量かなーと思います。


が!そんな貴女に朗報ですww
この菜苑さんにはフツーに女性も来られていました。
先程も少々書きましたが、純レバ丼“絡み”のメニューもあるのです。
それが単品の純レバ。
女性2人なら純レバ+半ライス+半ライスをシェアリングすれば、丁度良いボリューム。
実際、そーされている方々も多くいましたねー。


Mitty、次回はソレにするww
というか、純レバ以外にもフツーに惹かれるメニューがあったりしたので、
そっち方面も攻めてみたいですねー。
ぁ、勿論リピーターとしてこのお店にはまた行きたいと思います。
要はそーゆー事。
美味いんだ、このお店ww


さて、漸く菜苑の純レバ丼を食す事が出来たのですが、
折角、亀戸に来たので他にも寄りたいお店があるので、
そっちにも顔を出してみたいともいます。


が、それはまた次回の記事でww
うん、引っ張りますよーww


あしあと(8)  コメント(5) 

とよんちのたまご [グルメ]

何かとお世話になっている、大塚駅近傍にある居酒屋「童夢」。
まーこんなイベントにお呼ばれされる位には、懇意にして頂いています。


居を変えてから、以前ほど頻繁に顔出す事は出来ていませんが、
それでも定期的に顔を出すよーにはしてますね。
顔馴染みも多いですし、なんつーか凄く“帰ってきた感”があるので、
凄く居心地がイイですしww


「童夢」に顔を出す時に、手土産を持参する事もチョイチョイあるのですが、
逆に「童夢」から帰る時に、店主たるYMさんからお土産を頂く事も多々あったりします。
常連客から頂いたモノのお裾分けだったり、ご実家関係のお野菜だったり。
去年は大量の冷麦を頂きましたし、先日行った時は夏野菜とマンゴー貰いましたww


そんな中で、「そーいえば、こんなん貰ったけど、記事にしてなかったな」、というのを思い出しましてね。
写真ライブラリを漁っていたら、ちゃーんと写真を撮っていたので、今更ながらにアップしてみますww


「とよんちのたまご」です。
お察しのとーり、いわゆる高級生卵ってヤツですね。
とよんちのたまご_01.JPG


YMさんが随分と前から入れ込んでいた生卵みたいで、
ご自身曰く「メチャクチャ美味い」と絶賛していたンですよね。
Mittyはそれを「ホエェー・・・そーなんだ」程度で受け止めていたんですけど、
ある時に「童夢」を訪れたら、ソレそのものを頂いちゃったンですよww
わざわざ、高円寺まで買いに行ってくれたらしい。
いやぁーー、ありがたいですわ。


高級生卵といえば、このblogでも「fufuto」を紹介した事がありますし、
それなりに舌が肥えていると自負しているMittyとしても、これは気になります。
そして高級生卵といえば、やはりTKG。
YMさんもTKGで食して欲しい、との事だったので。

こーしてやりましたww
とよんちのたまご_02.JPG


周囲のふりかけっぽいのは・・・削り節ですww
実はコレも頂きものww
というか、実は某友人に本枯れ“だけ”を送り付けた事がありましてww
本枯れ自体は中々の高級品をチョイスしたのですが、
そもそものコンセプトが「もらっても、少々困るモノ」を送り付ける事だったので、
あえて削り器無しの状態で本枯れ“だけ”を送った事があるのですww
この鉛筆削りのカスみたいのは、その友人が別途自身で買った削り器で、本枯れを削った結果ですww
これは、その友人がMitty宅に遊びに来た時に、お裾分けで頂いたモノなのです。


まー見た目はアレで、食感も皆無ですがww
ただ香りはスゲーです、もの凄ーーくイイ香りがマヂでします。
直観的にこのTKGに合いそうだと思ったので、黄身の周囲にあえてみました。


さて、肝心の食レポですけどね、聞くまでもないでしょう。
こんなん、美味いに決まってンぢゃんww
黄身の濃さもそーですけど、Mitty的には白身の美味さが際立ったよーに感じましたねー。


この「とよんちのたまご」。
高円寺以外にも店舗があるみたいですし、
この生卵を使用した商品も扱ってるみたいですね。
この辺は「fufuto」と同じですかね。
「fufuto」もロールケーキとかプリンが結構美味だったりするので、
「とよんちのたまご」もその辺りが気になるトコですねー。


にしても、こーゆーの。
人に贈るのに頭を悩ませるのも楽しいですが、
こーやって、人から頂くのも嬉しいモンですね。


YMさん、改めてありがとーね。
ま、YMさんはこのblogを見てないと思うけどww


あしあと(11)  コメント(2) 

新駒本店 [グルメ]

随分と前の記事なりますが、
グループ会社の絡みで福島県の白河に出張に行ったという記事を書きました。


んで、実はそれ以降も何だかんだで、定期的に白河に出張に行く事が多くてですね。
特に今冬シーズンは、宿泊込みでの出張が多くなったのです。
現地で宿泊となれば、やはり気になるのはグルメ情報。
ぶっちゃけ、出張中の楽しみは食事くらいですからねww


まー前回の記事ではご当地ラーメンたる、白河ラーメンを軽く紹介したワケですが、
今回は白河ラーメンとはまた違ったご当地グルメを軽く紹介します。


そのお店がコチラ「新駒本店」。
実はお蕎麦屋さんなのです。
新駒本店_01.JPG


お店の面構えです。
老舗感を醸し出しております。
ぁ、チラチラ白いモノが映っておりますが、雪ですww
新駒本店_02.JPG


Mitty的には、福島県ってラーメンとか日本酒のイメージだったンですけど、
何気にお蕎麦も有名なんだとか。
実際、白河駅周辺にはお蕎麦屋さんが多かったですし、
このお店自体も、現地にあるグループ会社の人に紹介してもらったンです。


店内です。
中々にイイ雰囲気です。
土間の大テーブルや座敷もありまして、中々の収容人数ですww
でもお昼時には結構混雑しちゃいますね。
新駒本店_03.JPG


この石臼が現役って事は無いでしょーが、
ココは石臼挽きの自家製粉のお店だったりします。
新駒本店_04.JPG


まーお察しでしょーけど、既に数えきれない位このお店に来てますww
というか、白河に出張に来たら必ずと言っていい程、このお店で昼食をとりますww
出張は大体が某後輩君と来るのですが、その後輩君もMittyもこのお店の大ファンなんですよね。


コチラはスタンダードなメニュー。
割子蕎麦辺りが定番メニューだったりするのですかね。
まーでも。
Mitty達はコチラのメニューからチョイスする事は少ないですね。
出張中、Mitty達がこのお店で毎日のように昼食をとる理由。
新駒本店_05.JPG


ランチメニューが豊富、しかも安くて美味しい♪
このランチメニューが秀逸なんですよねー。
メニューの豊富さもあって、毎日来ても全ッ然飽きないしww
新駒本店_06.JPG


今回Mittyがオーダーした「揚げたてソースカツ丼」。
丼ぶりも蕎麦も、ハーフサイズではありませんww
新駒本店_07.JPG


蕎麦は純粋に美味いですし、何より丼ぶりが美味いンすよねーww
蕎麦屋の丼ぶりモノは大体が美味い、コレ真理ww
毎日来てるっつーても出張期間は3~4日程度ですし、1ヵ月に2回程度しか来ませんからね。
だもんで、ココで昼食を毎回とっても飽きないンすよww
何より、このボリュームでこの美味さ。
都内では中々ないですからww


ぁ、そうそう。
この「新駒本店」では、地産のお野菜とか果物なんかが売ってたりします。
いかにも地域密着型のお店だなーってカンジなんですが、
その中でも特に某後輩君が大好きなモノがあります。


リンゴですww
新駒本店_08.JPG


初めてこのお店に来た時から、このリンゴに喰い付いてましたww
というか・・・大体一出張で一袋買ってますねww
一袋500円という事でお得っちゃーお得なんですが、フツー出張中に買うか?ww
出張中に宿で食べきってしまうそーですが、
この前は調子に乗って出張最終日に2袋も買ってましたww
当然、宿で食べる事も出来ず、それなりに重いリンゴを無理やりバッグに詰め込んでましたねww
何かとおもしれー後輩君でしたww


今月末、そんな後輩君とまた某所へと出張に行くのですが、
どんな事件が起きるのか、期待せざるを得ませんww


タグ:新駒本店
あしあと(9)  コメント(4) 

酒の名は。 [グルメ]

前回の記事で、
農家の友人から頂いた野菜で、舌鼓を打ったMitty。


美味い料理には美味い酒、という事なんですけど、
当時は“あまり”日本酒のストックが無かったンですよね。
Mitty家の冷蔵庫から日本酒のストックが切れる、なんて事態は本来はありえないww
ただまぁ、そーゆータイミングってのは無きにしも非ず、でして。


当時、Mitty家の冷蔵庫にはコレしかなかったのです。
飲み仲間のS氏から頂いた日本酒。
その名の如く、等外米を使用した獺祭です。
酒の名は。_01.JPG


獺祭といえば磨きに磨いた米で作った、
端麗の中の端麗な日本酒として、まー有名なお酒。
それだけに高価なお酒だったりもしますが、
コレは等外米を使用しているので、お値段もお手頃なんだそーな。
酒の名は。_02.JPG


しかし、等外米とはいえ流石の獺祭。
磨きは30%という破格さ。
綺麗な味わいになっています。


が!


日本酒は基本的に飲み比べを前提として飲みたいMitty。
まして食中酒の日本酒ですからね、料理に合わせて飲みたいトコです。
獺祭等外だけぢゃ物足りないやぃww


となれば。


安定の坂長さんで仕入れてきましたww
初めて飲む「毛利」と「山本-紫-」です。
酒の名は。_03.JPG


「山本-紫-」も初めて飲みますが、
「山本」シリーズ自体は結構飲んでますし、Mitty的に大好きなシリーズ。
言ってしまえば安定の「山本」ってカンジですね。
山本らしい適度な酸味と飲んだ後の華やかさがあります。


んで、「毛利」の方。
コレ、坂長の店長さんが強烈に推してきたお酒。
店長さん曰く「こんなに美味い日本酒は初めてです!」と、
言わしめたくらいらしい。
今年あたりから出回り始めた新しいお酒らしく、
まだ店舗にも殆ど出回ってないとの事。


店長にそこまで言わしめたお酒。
買わないという選択肢はありえませんよねww


んでね、飲んだンすよ。
正に店長の言に間違いないですね。
強烈に美味い。
綺麗な飲み口、華やかな抜け。
どれを取っても素晴らしい味。
良い意味でお酒っぽくない。
人に薦めたくなるお酒です。


これはハマる。
実際、これを買ったお客さんは皆が皆、リピートするらしい。
坂長さんで購入したお酒の中で、
Mitty的フェイバリットは「会津中将」と「山本」があるのですが、
この「毛利」も是非とも加えたいですね。


ぁ、この「毛利」。
買った日に友人たちと即日空けてしまいましたww
あの友人たちと一献傾けると捗りますww


あしあと(10)  コメント(4) 

野菜万歳 [グルメ]

随分前の事になるンですけどね。
とある休日の事。
自宅で真昼間からお酒を嗜んでいたトコに、
玄関の呼び鈴が鳴りました。


なにやら宅配便が届きました。
しかもダンボール一箱。
おまけにかなり重いww
野菜万歳_01.JPG


こんなんが送られてくる事に覚えがなかったので、
そりゃまー送り先を確認するぢゃないですか。
んで、送り先を見て・・・納得しましたww


農家の友人であるKさんから、恒例の野菜が送られてきました♪
友人ってゆーても、Mittyの一回り以上年上の大先輩なんですけどね。
野菜万歳_02.JPG


Kさんはかつて同じ職場だったンですけど、今は互いに職場が違います。
ただその後も何かとお世話になってまして、
現在でも懇意にして頂いているンですよね。


というか、実はKさんに限らず、
そーいった経緯で未だに懇意にさせて頂いている方々がいるンですよね。
Mittyの中では『いつものメンバー』として、
度々一緒に飲んでいたりする素敵な仲間達でもあるのです。
まーそんな仲間達との軌跡は、この辺とかこの辺りで紹介してますので、
ご興味があれば是非。


とまぁ、少々話が逸れましたが、
そんな素敵な仲間であるKさんから、時折こーやってお野菜を頂いているのです。


しかも!
今回は野菜と一緒にコレも頂きました♪
野菜万歳_03.JPG


コレ、実はKさん自家製のらっきょうの酢漬けなんです。
コレが滅茶苦茶に美味いンです。
野菜万歳_04.JPG


美味しい野菜とらっきょう。
飲兵衛のMittyにはタマリマセンww
更に!
野菜の写真にもシレッと写っていますが、Kさん家のお米もこれまた美味い。


となれば。


即日、こーなりますww
大根の葉とベーコンを炒めて・・・
野菜万歳_05.JPG


大根自体で軽く煮物を作るww
野菜万歳_06.JPG


はぁーーー最高♪
こーなれば、料理(というかツマミ)に合うお酒が欲しくなりますよね?
お酒・・・日本酒でしょうww


ところが、この日は自宅に日本酒のストックが“あまり”なかったので、
後日お酒を仕入れる事にしたのです。
後日のお酒に関しては・・・また次回にww


タグ:野菜
あしあと(8)  コメント(3) 

新潟から・・・ [グルメ]

いやぁー最近落ち着かないです。
慣れない仕事、短い納期。
季節の変わり目、風邪気味のカラダ。
溜まるストレス、増える酒量、減る財布の中身ww
まぁー最後のはいつもの事なんですがww


ただ、仕事に関しては年内は色んな意味で落ち着かないですねー。
地方出張も増えそうなので、更新を休む事もあるかと思います。
休日も純粋にカラダを休める事に注力してしまいがちでしてね。
あまり外に遊びに出ていないので、
blogのネタとしても、イマイチ面白みに欠けちゃってますかねー。
早いトコ、いつものグータラ社会人に戻りたいものですww


まーそんな事より何よりですね。


また、Mittyの自宅に誕プレらしきモノが届いたww
しかも今回は新潟のお酒ww
新潟から・・・_01.JPG


届人はこのblogの常連、Rさん。
Y&K夫妻に次ぐ登場率かと思いますww
Rさんが最後に登場したのは・・・夏のアレでしたねww
というか、最後に会ったのもあの時以来かww


以前はそこそこの頻度でお会いしてましたが、
昨今はお互いに多忙という事もあって、
それこそ半年に一度程度しか会ってませんね。


とはいえ、疎遠になったというワケでもなく、
こーゆーカンジの遣り取りは続いてますね。
個人的にはイイ塩梅でお付き合いをさせて頂いていると思ってます。
まー・・・もしかしたら先方は「若干ウゼェ」とか思ってるかもしれませんがww


そんなRさん。
所用で新潟を訪れていたらしく、
【新潟⇒米⇒日本酒⇒Mitty】という連想ゲームで、
現地から日本酒をMittyに贈ってくれたらしいww
Rさん曰く「送った後に、たまたまMittyさんが誕生日だと気づいたww」との事。


誕プレぢゃないのかよww
というエアツッコミが思わず炸裂しましたが、
贈って頂いたこと自体は本当に嬉しいですし、
“たまたま誕生日だという事に気づいた”という、
優しさの中に垣間見える「ないがしろにされてる感」が、
MittyのM気質をエラく刺激してくれますww


クッソww
Y&K夫妻もそーだけど、
RさんもMittyの扱い方が上手くて困るww
でも嫌いぢゃないww


そんなMittyをキュンキュンさせてくれた、
Rさんから頂いた日本酒。


即日、開封ですww
アテはブリ照り焼きとカマボコです。
食べかけなのはご愛嬌ww
新潟から・・・_02.JPG


Rさんは試飲した上で贈ってくれたらしいですが、
スッキリとした味わいの端麗な日本酒ですね。
吟醸らしい華やかな香りもあって、
刺身なんかに合うタイプの日本酒ですね。


とはいえ、自宅での飲むと直ぐ酔っぱらってしまうMittyとしては、
後半になればなるほど何でも旨く感じてくるので、
大概“合う”と感じてしまうのですがww


この記事を読み返してると、冒頭のストレス感など微塵も感じさせませんが、
意外と繊細なMittyはストレスで日々少しずつ病んでいってますww
もし、何処かでMittyを見かける機会があったら、
そんな時は少しだけ優しくしてやって下さいww
きっと嬉しくて自宅まで付いて行きますww


タグ:霧の塔
あしあと(8)  コメント(3) 

早い三連星 マッシュ・オルテガ編 [グルメ]

前回、Y&K夫妻から届いた、
早すぎる誕生日プレゼントについての記事を書きました。
まさかのガンプラを、誕生日の一ヶ月以上前に頂いた訳なんですが、
まー見事なまでの不意打ちと、Mittyのツボを押さえた素敵なサプライズでした。


ただ、それだけでは終わらないのがY&K夫妻。
ガンプラが届いた数日後、Y&K夫妻からまたMitty家にお届けモノが。


LUPICIA(ルピシア)のパッケージなので、紅茶系の何かだと思います。
早い三連星_04.JPG


ハロウィンセット、もろたww
早い三連星_05.JPG


Yさんに連絡したところ、誕生日プレゼントの第二弾との事ww
ただ、ハロウィンセットの都合上、バースディラッピングが出来なかったらしいww


紅茶等のMittyとしては、嬉しいですよ、確かに。
でも、まさか連続で来るとは思わなんだww
しかも、前回のガンプラ同様に確信犯で送って来てるぢゃないですか。
このフライング誕生日プレゼントはww


もぅーね、第二弾の時点で何となく感じてはいたンですよ。
「第三弾、あるな・・・」とww


ほぅーら、第三弾も届いたったww
何となく感じてはいても、
実際に届くと結構ビックリするモンなんですね、人間ってww
届いた時に、流石に膝から崩れ落ちましたモンww
早い三連星_06.JPG


おまけに第三弾で一番豪華なセットが届くという、見事なオチ付きww
関西(大阪)では圧倒的な支持を誇る、551蓬莱のセット。
早い三連星_07.JPG


関東が崎陽軒なら、関西は551蓬莱。
それくらい有名な551蓬莱。
関西在住経験者のMittyとしては、コレは非常に嬉しい。
つーか、マヂで本当に嬉しい。
冷凍すれば日持ちもするので、重宝します。
ご飯のお供にも、お酒のお供にも最適すぎて困りますww


フライングから始まり、三連続でプレゼントが届くという今年の誕生日プレゼント攻勢。
これは完全にY&K夫妻に軍配が上がりましたねww
正直、来年以降勝てる気がしねぇww


いやまぁ、勝ち負けの問題ぢゃないンですけど、
なんつーか、その絶妙にMittyのココロをくすぐる加減が・・・悔しいww
嫌いぢゃないのに、絶妙にMittyの上手を行かれる感覚が、
MittyのM気質を刺激してくれますww
クッソ・・・Y&K夫妻、大好きだww


次回、Mitty家に来た時には、精々おもてなしをしてやるからなww
覚悟しておくがイイww


タグ:551蓬莱 LUPICIA
あしあと(8)  コメント(3)