So-net無料ブログ作成

船橋屋 [グルメ]

何気に引っ張りまくっている亀戸編。
一応、今回で〆となりますのでご安心をww


前々回の記事で「Mitty的な亀戸のド定番」たる、
「亀戸天神」と「イシイの甘栗」を紹介しましたが、
実は上記2つ以外にも「Mitty的ド定番」があったりするのです。
それこそMittyの中では必ず「亀戸天神」とセットになる、
と言っても過言ではない定番中の定番。


随分と前の亀戸記事でも軽くだけ触れた事があったのですが、
ちゃんと記事として紹介した事が無かったので、今回改めてご紹介したいと思います。


「船橋屋」さんです。
船橋屋_01.JPG


所謂、老舗の甘味屋さんです。
そして亀戸といえば船橋屋、船橋屋といえば亀戸。
亀戸天神にお参りしたら、必ずココを訪れますし、
Mitty家の年始回りで亀戸に集まる時は、
Mittyの親戚一同があるモノを必ず購入する程ですww


船橋屋さんの名物、くず餅です。
これ、めっちゃウマいのよww
黒蜜もきな粉も非常に上品な味で、食べていても全然飽きない。
船橋屋_03.JPG


基本的にはお持ち帰りする事が殆どなんですが、
船橋屋さんは店内で甘味を楽しむ事も出来ます。
まーMittyは亀戸本店しか行った事が無いので、
他店舗がどーだかは知りませんがww


年末年始や夏盆辺りは人出も多くなるので、
店内でゆっくりと甘味を楽しむ事も難しいのですが、
それ以外の日は大体がゆっくりと出来ますかね。
この雰囲気の中で甘味を楽しむのが中々に良いのですww
船橋屋_02.JPG


定番のくず餅もありますが、それ以外の甘味も中々に豊富です。
あんみつ、みつまめ、その他和風甘味の定番が揃います。
お持ち帰りもイイですが、やはり店内でゆっくりと甘味を楽しむのが、
Mitty的な船橋屋の正解ルートですww


この日は夏真っ盛りという事もあって、かき氷も限定メニューにありましたね。
甘味屋さんのかき氷・・・惹かれますww
ただ、Mittyは船橋屋さんの店内では、だいたいコレ!ってモノがあったります。
今回も、ブレずにソチラをオーダーしました。


Mitty的な定番、ところてんです。
コレが美味いのよww
特に醤油酢が抜群に美味い。
コレだけ飲めるくらい、旨みが効いてます。
船橋屋_04.JPG


まーぶっちゃけ。
かき氷もスゲー悩んだンですけどねww
だって・・・隣で食べてる人の見たら、スゲー美味そうだったンだもんww
ただ、如何せんですね。
時系列的に前回記事で紹介した「菜苑」で純レバ丼を食した直後だったモンで、
胃がオーバーフロー気味だったンですよねーww
次回は、また違った意味でリベンジしてみたいですww


神社やらお寺の参道には、何かしらこのテの甘味屋さんはあると思うのですが、
亀戸天神においては、この船橋屋さんだと思うのです。
亀戸、ひいては亀戸天神にお越しの際は、是非とも立ち寄って頂きたいプレイスですね。


タグ:船橋屋
あしあと(8)  コメント(3) 

菜苑の純レバ丼 [グルメ]

2週間ブリの更新です。
お盆時期、皆さんは如何お過ごしでしたでしょうか。
まー今回の更新はお盆とは何にも関係ない、前回からの続きですけどねww
何の事かよく分からん方は、前回の記事でも読めばよいww


というワケで。


久々に半地元たる亀戸に赴いたMitty。
例によって亀戸天神とイシイの甘栗を堪能したのですが、
そもそもは、とある目的があって亀戸を訪れていたのです。


「孤独のグルメ」ってご存知ですよね?
まぁー知らない方はwikiって頂くとして、
「孤独のグルメ」で紹介されている街やお店が、
自身が知っているトコだったって事は、
そう珍しくないと思うのですよ。
実際、Mittyも何回かはありましたしね。


そんな中で、この亀戸もかつて「孤独のグルメ」で取り上げられた事がありまして、
「とあるお店」の「とあるメニュー」が作中で紹介されたのです。
実はその時まで、そのお店自体を知らなかった事もあって、
もの凄く興味を惹かれたンですよね。


その時から少々時は流れてしまいましたが、満を持してやってきたのです!
そう、今回の目的はズバリ「そのお店」に行って、「とあるメニュー」を食すこと事なのです!!


中華料理、「菜苑」さん。
開店時間30分前ですけど、既に10人以上のお客さんが並んでいます。
「孤独のグルメ」の影響もあるンでしょーけど、”相変わらず”の人気っぷりですね。
菜苑_01.JPG


ハイ、今まで来た事が無いのに、“相変わらず”と言える理由。
えぇ・・・実は菜苑さんに来る事自体は、実は初めてでは無くて、
半年以上前に一度チェレンジしているのです。
ただ、その時は昼過ぎにも関わらず中々の行列でして、
しかも最後尾の方が「本日売り切れ」の看板を持っていたンですよねーww


その時はマヂで口にしましたねーww
「マヂかよ!?」とww


それから時が流れて約半年。
今回は開店前を狙っていったのですが、
まさか既に10人以上も並んでいたとは予想外でしたww
まー流石にこの時点で売り切れって事は無いので、それは一安心ですがww


店内は20人も入れないですかね。
古式ゆかしい感じの「ザ・中華料理屋さん」ってカンジですね。
菜苑_02.JPG


Mittyは幸いにして一巡目で入店できたのですが、
まだまだ店先に並んでいる方達は沢山いましたねー。
メニュー自体は左程多くなく、
お客さん達も大半は「とあるメニュー」か、それ”絡み”の品をオーダーするようです。


さてさて。
Mittyはド定番たる「とあるメニュー」をオーダーしました。


これがウワサの純レバ丼です。
菜苑_03.JPG


レバニラからニラを除いたので純レバ。
甘辛く濃い目の味付けのレバ、シャキシャキの大量の白ネギ。
そしてライス。
これを松重さんが美味そうに食べてるのをTVで見れば、
そりゃー気になってしゃーないワケですよww


そんな純レバ丼。
作中で松重さんも仰ってましたが、想像以上のヤンチャ飯ですww
レバ自体は小ブリで食べやすいのですが、ともかく味付けが濃いww
でも、その濃い目の味を抑えてくれるのが大量の白ネギ。
これらをライスと一緒にグチャグチャに混ぜて食べると、あら不思議。
爆裂美味くなるww


これは確かに他所では味わった事が無い味ですね。
それでいて、クセになる何かを感じますww


ただ、見た目以上にボリュームがありますww
正直、Mittyには少々多いですww
ぶっちゃけ、女性には少々厳しい量かなーと思います。


が!そんな貴女に朗報ですww
この菜苑さんにはフツーに女性も来られていました。
先程も少々書きましたが、純レバ丼“絡み”のメニューもあるのです。
それが単品の純レバ。
女性2人なら純レバ+半ライス+半ライスをシェアリングすれば、丁度良いボリューム。
実際、そーされている方々も多くいましたねー。


Mitty、次回はソレにするww
というか、純レバ以外にもフツーに惹かれるメニューがあったりしたので、
そっち方面も攻めてみたいですねー。
ぁ、勿論リピーターとしてこのお店にはまた行きたいと思います。
要はそーゆー事。
美味いんだ、このお店ww


さて、漸く菜苑の純レバ丼を食す事が出来たのですが、
折角、亀戸に来たので他にも寄りたいお店があるので、
そっちにも顔を出してみたいともいます。


が、それはまた次回の記事でww
うん、引っ張りますよーww


あしあと(8)  コメント(5) 

とよんちのたまご [グルメ]

何かとお世話になっている、大塚駅近傍にある居酒屋「童夢」。
まーこんなイベントにお呼ばれされる位には、懇意にして頂いています。


居を変えてから、以前ほど頻繁に顔出す事は出来ていませんが、
それでも定期的に顔を出すよーにはしてますね。
顔馴染みも多いですし、なんつーか凄く“帰ってきた感”があるので、
凄く居心地がイイですしww


「童夢」に顔を出す時に、手土産を持参する事もチョイチョイあるのですが、
逆に「童夢」から帰る時に、店主たるYMさんからお土産を頂く事も多々あったりします。
常連客から頂いたモノのお裾分けだったり、ご実家関係のお野菜だったり。
去年は大量の冷麦を頂きましたし、先日行った時は夏野菜とマンゴー貰いましたww


そんな中で、「そーいえば、こんなん貰ったけど、記事にしてなかったな」、というのを思い出しましてね。
写真ライブラリを漁っていたら、ちゃーんと写真を撮っていたので、今更ながらにアップしてみますww


「とよんちのたまご」です。
お察しのとーり、いわゆる高級生卵ってヤツですね。
とよんちのたまご_01.JPG


YMさんが随分と前から入れ込んでいた生卵みたいで、
ご自身曰く「メチャクチャ美味い」と絶賛していたンですよね。
Mittyはそれを「ホエェー・・・そーなんだ」程度で受け止めていたんですけど、
ある時に「童夢」を訪れたら、ソレそのものを頂いちゃったンですよww
わざわざ、高円寺まで買いに行ってくれたらしい。
いやぁーー、ありがたいですわ。


高級生卵といえば、このblogでも「fufuto」を紹介した事がありますし、
それなりに舌が肥えていると自負しているMittyとしても、これは気になります。
そして高級生卵といえば、やはりTKG。
YMさんもTKGで食して欲しい、との事だったので。

こーしてやりましたww
とよんちのたまご_02.JPG


周囲のふりかけっぽいのは・・・削り節ですww
実はコレも頂きものww
というか、実は某友人に本枯れ“だけ”を送り付けた事がありましてww
本枯れ自体は中々の高級品をチョイスしたのですが、
そもそものコンセプトが「もらっても、少々困るモノ」を送り付ける事だったので、
あえて削り器無しの状態で本枯れ“だけ”を送った事があるのですww
この鉛筆削りのカスみたいのは、その友人が別途自身で買った削り器で、本枯れを削った結果ですww
これは、その友人がMitty宅に遊びに来た時に、お裾分けで頂いたモノなのです。


まー見た目はアレで、食感も皆無ですがww
ただ香りはスゲーです、もの凄ーーくイイ香りがマヂでします。
直観的にこのTKGに合いそうだと思ったので、黄身の周囲にあえてみました。


さて、肝心の食レポですけどね、聞くまでもないでしょう。
こんなん、美味いに決まってンぢゃんww
黄身の濃さもそーですけど、Mitty的には白身の美味さが際立ったよーに感じましたねー。


この「とよんちのたまご」。
高円寺以外にも店舗があるみたいですし、
この生卵を使用した商品も扱ってるみたいですね。
この辺は「fufuto」と同じですかね。
「fufuto」もロールケーキとかプリンが結構美味だったりするので、
「とよんちのたまご」もその辺りが気になるトコですねー。


にしても、こーゆーの。
人に贈るのに頭を悩ませるのも楽しいですが、
こーやって、人から頂くのも嬉しいモンですね。


YMさん、改めてありがとーね。
ま、YMさんはこのblogを見てないと思うけどww


あしあと(11)  コメント(2) 

新駒本店 [グルメ]

随分と前の記事なりますが、
グループ会社の絡みで福島県の白河に出張に行ったという記事を書きました。


んで、実はそれ以降も何だかんだで、定期的に白河に出張に行く事が多くてですね。
特に今冬シーズンは、宿泊込みでの出張が多くなったのです。
現地で宿泊となれば、やはり気になるのはグルメ情報。
ぶっちゃけ、出張中の楽しみは食事くらいですからねww


まー前回の記事ではご当地ラーメンたる、白河ラーメンを軽く紹介したワケですが、
今回は白河ラーメンとはまた違ったご当地グルメを軽く紹介します。


そのお店がコチラ「新駒本店」。
実はお蕎麦屋さんなのです。
新駒本店_01.JPG


お店の面構えです。
老舗感を醸し出しております。
ぁ、チラチラ白いモノが映っておりますが、雪ですww
新駒本店_02.JPG


Mitty的には、福島県ってラーメンとか日本酒のイメージだったンですけど、
何気にお蕎麦も有名なんだとか。
実際、白河駅周辺にはお蕎麦屋さんが多かったですし、
このお店自体も、現地にあるグループ会社の人に紹介してもらったンです。


店内です。
中々にイイ雰囲気です。
土間の大テーブルや座敷もありまして、中々の収容人数ですww
でもお昼時には結構混雑しちゃいますね。
新駒本店_03.JPG


この石臼が現役って事は無いでしょーが、
ココは石臼挽きの自家製粉のお店だったりします。
新駒本店_04.JPG


まーお察しでしょーけど、既に数えきれない位このお店に来てますww
というか、白河に出張に来たら必ずと言っていい程、このお店で昼食をとりますww
出張は大体が某後輩君と来るのですが、その後輩君もMittyもこのお店の大ファンなんですよね。


コチラはスタンダードなメニュー。
割子蕎麦辺りが定番メニューだったりするのですかね。
まーでも。
Mitty達はコチラのメニューからチョイスする事は少ないですね。
出張中、Mitty達がこのお店で毎日のように昼食をとる理由。
新駒本店_05.JPG


ランチメニューが豊富、しかも安くて美味しい♪
このランチメニューが秀逸なんですよねー。
メニューの豊富さもあって、毎日来ても全ッ然飽きないしww
新駒本店_06.JPG


今回Mittyがオーダーした「揚げたてソースカツ丼」。
丼ぶりも蕎麦も、ハーフサイズではありませんww
新駒本店_07.JPG


蕎麦は純粋に美味いですし、何より丼ぶりが美味いンすよねーww
蕎麦屋の丼ぶりモノは大体が美味い、コレ真理ww
毎日来てるっつーても出張期間は3~4日程度ですし、1ヵ月に2回程度しか来ませんからね。
だもんで、ココで昼食を毎回とっても飽きないンすよww
何より、このボリュームでこの美味さ。
都内では中々ないですからww


ぁ、そうそう。
この「新駒本店」では、地産のお野菜とか果物なんかが売ってたりします。
いかにも地域密着型のお店だなーってカンジなんですが、
その中でも特に某後輩君が大好きなモノがあります。


リンゴですww
新駒本店_08.JPG


初めてこのお店に来た時から、このリンゴに喰い付いてましたww
というか・・・大体一出張で一袋買ってますねww
一袋500円という事でお得っちゃーお得なんですが、フツー出張中に買うか?ww
出張中に宿で食べきってしまうそーですが、
この前は調子に乗って出張最終日に2袋も買ってましたww
当然、宿で食べる事も出来ず、それなりに重いリンゴを無理やりバッグに詰め込んでましたねww
何かとおもしれー後輩君でしたww


今月末、そんな後輩君とまた某所へと出張に行くのですが、
どんな事件が起きるのか、期待せざるを得ませんww


タグ:新駒本店
あしあと(9)  コメント(4) 

酒の名は。 [グルメ]

前回の記事で、
農家の友人から頂いた野菜で、舌鼓を打ったMitty。


美味い料理には美味い酒、という事なんですけど、
当時は“あまり”日本酒のストックが無かったンですよね。
Mitty家の冷蔵庫から日本酒のストックが切れる、なんて事態は本来はありえないww
ただまぁ、そーゆータイミングってのは無きにしも非ず、でして。


当時、Mitty家の冷蔵庫にはコレしかなかったのです。
飲み仲間のS氏から頂いた日本酒。
その名の如く、等外米を使用した獺祭です。
酒の名は。_01.JPG


獺祭といえば磨きに磨いた米で作った、
端麗の中の端麗な日本酒として、まー有名なお酒。
それだけに高価なお酒だったりもしますが、
コレは等外米を使用しているので、お値段もお手頃なんだそーな。
酒の名は。_02.JPG


しかし、等外米とはいえ流石の獺祭。
磨きは30%という破格さ。
綺麗な味わいになっています。


が!


日本酒は基本的に飲み比べを前提として飲みたいMitty。
まして食中酒の日本酒ですからね、料理に合わせて飲みたいトコです。
獺祭等外だけぢゃ物足りないやぃww


となれば。


安定の坂長さんで仕入れてきましたww
初めて飲む「毛利」と「山本-紫-」です。
酒の名は。_03.JPG


「山本-紫-」も初めて飲みますが、
「山本」シリーズ自体は結構飲んでますし、Mitty的に大好きなシリーズ。
言ってしまえば安定の「山本」ってカンジですね。
山本らしい適度な酸味と飲んだ後の華やかさがあります。


んで、「毛利」の方。
コレ、坂長の店長さんが強烈に推してきたお酒。
店長さん曰く「こんなに美味い日本酒は初めてです!」と、
言わしめたくらいらしい。
今年あたりから出回り始めた新しいお酒らしく、
まだ店舗にも殆ど出回ってないとの事。


店長にそこまで言わしめたお酒。
買わないという選択肢はありえませんよねww


んでね、飲んだンすよ。
正に店長の言に間違いないですね。
強烈に美味い。
綺麗な飲み口、華やかな抜け。
どれを取っても素晴らしい味。
良い意味でお酒っぽくない。
人に薦めたくなるお酒です。


これはハマる。
実際、これを買ったお客さんは皆が皆、リピートするらしい。
坂長さんで購入したお酒の中で、
Mitty的フェイバリットは「会津中将」と「山本」があるのですが、
この「毛利」も是非とも加えたいですね。


ぁ、この「毛利」。
買った日に友人たちと即日空けてしまいましたww
あの友人たちと一献傾けると捗りますww


あしあと(10)  コメント(4) 

野菜万歳 [グルメ]

随分前の事になるンですけどね。
とある休日の事。
自宅で真昼間からお酒を嗜んでいたトコに、
玄関の呼び鈴が鳴りました。


なにやら宅配便が届きました。
しかもダンボール一箱。
おまけにかなり重いww
野菜万歳_01.JPG


こんなんが送られてくる事に覚えがなかったので、
そりゃまー送り先を確認するぢゃないですか。
んで、送り先を見て・・・納得しましたww


農家の友人であるKさんから、恒例の野菜が送られてきました♪
友人ってゆーても、Mittyの一回り以上年上の大先輩なんですけどね。
野菜万歳_02.JPG


Kさんはかつて同じ職場だったンですけど、今は互いに職場が違います。
ただその後も何かとお世話になってまして、
現在でも懇意にして頂いているンですよね。


というか、実はKさんに限らず、
そーいった経緯で未だに懇意にさせて頂いている方々がいるンですよね。
Mittyの中では『いつものメンバー』として、
度々一緒に飲んでいたりする素敵な仲間達でもあるのです。
まーそんな仲間達との軌跡は、この辺とかこの辺りで紹介してますので、
ご興味があれば是非。


とまぁ、少々話が逸れましたが、
そんな素敵な仲間であるKさんから、時折こーやってお野菜を頂いているのです。


しかも!
今回は野菜と一緒にコレも頂きました♪
野菜万歳_03.JPG


コレ、実はKさん自家製のらっきょうの酢漬けなんです。
コレが滅茶苦茶に美味いンです。
野菜万歳_04.JPG


美味しい野菜とらっきょう。
飲兵衛のMittyにはタマリマセンww
更に!
野菜の写真にもシレッと写っていますが、Kさん家のお米もこれまた美味い。


となれば。


即日、こーなりますww
大根の葉とベーコンを炒めて・・・
野菜万歳_05.JPG


大根自体で軽く煮物を作るww
野菜万歳_06.JPG


はぁーーー最高♪
こーなれば、料理(というかツマミ)に合うお酒が欲しくなりますよね?
お酒・・・日本酒でしょうww


ところが、この日は自宅に日本酒のストックが“あまり”なかったので、
後日お酒を仕入れる事にしたのです。
後日のお酒に関しては・・・また次回にww


タグ:野菜
あしあと(8)  コメント(3) 

新潟から・・・ [グルメ]

いやぁー最近落ち着かないです。
慣れない仕事、短い納期。
季節の変わり目、風邪気味のカラダ。
溜まるストレス、増える酒量、減る財布の中身ww
まぁー最後のはいつもの事なんですがww


ただ、仕事に関しては年内は色んな意味で落ち着かないですねー。
地方出張も増えそうなので、更新を休む事もあるかと思います。
休日も純粋にカラダを休める事に注力してしまいがちでしてね。
あまり外に遊びに出ていないので、
blogのネタとしても、イマイチ面白みに欠けちゃってますかねー。
早いトコ、いつものグータラ社会人に戻りたいものですww


まーそんな事より何よりですね。


また、Mittyの自宅に誕プレらしきモノが届いたww
しかも今回は新潟のお酒ww
新潟から・・・_01.JPG


届人はこのblogの常連、Rさん。
Y&K夫妻に次ぐ登場率かと思いますww
Rさんが最後に登場したのは・・・夏のアレでしたねww
というか、最後に会ったのもあの時以来かww


以前はそこそこの頻度でお会いしてましたが、
昨今はお互いに多忙という事もあって、
それこそ半年に一度程度しか会ってませんね。


とはいえ、疎遠になったというワケでもなく、
こーゆーカンジの遣り取りは続いてますね。
個人的にはイイ塩梅でお付き合いをさせて頂いていると思ってます。
まー・・・もしかしたら先方は「若干ウゼェ」とか思ってるかもしれませんがww


そんなRさん。
所用で新潟を訪れていたらしく、
【新潟⇒米⇒日本酒⇒Mitty】という連想ゲームで、
現地から日本酒をMittyに贈ってくれたらしいww
Rさん曰く「送った後に、たまたまMittyさんが誕生日だと気づいたww」との事。


誕プレぢゃないのかよww
というエアツッコミが思わず炸裂しましたが、
贈って頂いたこと自体は本当に嬉しいですし、
“たまたま誕生日だという事に気づいた”という、
優しさの中に垣間見える「ないがしろにされてる感」が、
MittyのM気質をエラく刺激してくれますww


クッソww
Y&K夫妻もそーだけど、
RさんもMittyの扱い方が上手くて困るww
でも嫌いぢゃないww


そんなMittyをキュンキュンさせてくれた、
Rさんから頂いた日本酒。


即日、開封ですww
アテはブリ照り焼きとカマボコです。
食べかけなのはご愛嬌ww
新潟から・・・_02.JPG


Rさんは試飲した上で贈ってくれたらしいですが、
スッキリとした味わいの端麗な日本酒ですね。
吟醸らしい華やかな香りもあって、
刺身なんかに合うタイプの日本酒ですね。


とはいえ、自宅での飲むと直ぐ酔っぱらってしまうMittyとしては、
後半になればなるほど何でも旨く感じてくるので、
大概“合う”と感じてしまうのですがww


この記事を読み返してると、冒頭のストレス感など微塵も感じさせませんが、
意外と繊細なMittyはストレスで日々少しずつ病んでいってますww
もし、何処かでMittyを見かける機会があったら、
そんな時は少しだけ優しくしてやって下さいww
きっと嬉しくて自宅まで付いて行きますww


タグ:霧の塔
あしあと(8)  コメント(3) 

早い三連星 マッシュ・オルテガ編 [グルメ]

前回、Y&K夫妻から届いた、
早すぎる誕生日プレゼントについての記事を書きました。
まさかのガンプラを、誕生日の一ヶ月以上前に頂いた訳なんですが、
まー見事なまでの不意打ちと、Mittyのツボを押さえた素敵なサプライズでした。


ただ、それだけでは終わらないのがY&K夫妻。
ガンプラが届いた数日後、Y&K夫妻からまたMitty家にお届けモノが。


LUPICIA(ルピシア)のパッケージなので、紅茶系の何かだと思います。
早い三連星_04.JPG


ハロウィンセット、もろたww
早い三連星_05.JPG


Yさんに連絡したところ、誕生日プレゼントの第二弾との事ww
ただ、ハロウィンセットの都合上、バースディラッピングが出来なかったらしいww


紅茶等のMittyとしては、嬉しいですよ、確かに。
でも、まさか連続で来るとは思わなんだww
しかも、前回のガンプラ同様に確信犯で送って来てるぢゃないですか。
このフライング誕生日プレゼントはww


もぅーね、第二弾の時点で何となく感じてはいたンですよ。
「第三弾、あるな・・・」とww


ほぅーら、第三弾も届いたったww
何となく感じてはいても、
実際に届くと結構ビックリするモンなんですね、人間ってww
届いた時に、流石に膝から崩れ落ちましたモンww
早い三連星_06.JPG


おまけに第三弾で一番豪華なセットが届くという、見事なオチ付きww
関西(大阪)では圧倒的な支持を誇る、551蓬莱のセット。
早い三連星_07.JPG


関東が崎陽軒なら、関西は551蓬莱。
それくらい有名な551蓬莱。
関西在住経験者のMittyとしては、コレは非常に嬉しい。
つーか、マヂで本当に嬉しい。
冷凍すれば日持ちもするので、重宝します。
ご飯のお供にも、お酒のお供にも最適すぎて困りますww


フライングから始まり、三連続でプレゼントが届くという今年の誕生日プレゼント攻勢。
これは完全にY&K夫妻に軍配が上がりましたねww
正直、来年以降勝てる気がしねぇww


いやまぁ、勝ち負けの問題ぢゃないンですけど、
なんつーか、その絶妙にMittyのココロをくすぐる加減が・・・悔しいww
嫌いぢゃないのに、絶妙にMittyの上手を行かれる感覚が、
MittyのM気質を刺激してくれますww
クッソ・・・Y&K夫妻、大好きだww


次回、Mitty家に来た時には、精々おもてなしをしてやるからなww
覚悟しておくがイイww


タグ:551蓬莱 LUPICIA
あしあと(8)  コメント(3) 

田中屋本店 [グルメ]

前回の記事で「さいたまトリエンナーレ2016」の
イベントの一つとして開催されていた青空音楽祭に行ったMitty。


しかし途中で見事に雨に降られ、大した撮れ高もないままに、
戦略的撤退というコマンドを選択したのですが、
ただ帰るのも面白くないという事で、その道中で寄り道したトコがあるのです。


実は以前から何度か紹介しようかと思っていたトコなんですけど、
今回よーやく紹介する事が出来ます。


「田中屋本店」です。
実は過去記事で、坂長酒店でお酒を仕入れた後に、よく寄る和菓子屋さんがある、
なんて事を書いた事がありますが、その和菓子屋さんが「田中屋本店」なのです。
田中屋本店_01.JPG


「田中屋本店」が居を構える岩槻は人形の街として有名ですが、
元々が城下町という事で、古い町並みやお店が今でも残ってる街。
この「田中屋本店」もかなーーりの老舗、らしい。
店構えもモチロンなのですが、店内も老舗の和菓子屋さんを思わせる趣です。
田中屋本店_02.JPG


「田中屋本店」の名物は「栗最中」。
他にも様々な銘菓がありますが、Mittyが「田中屋本店」で買うのは、
このショーケースにあるようなお団子や饅頭。
消費期限はモチロン当日中。
手作り感が最ッ高のお団子と饅頭。
これが抜群に美味い。
お目当ての商品が売り切れ、なんても事もしばしば。
田中屋本店_03.JPG


今回の戦利品達ですww
きな粉おはぎと茶饅頭。
田中屋本店_04.JPG


更にはMittyが大ッ好きな、みたらし団子♪
田中屋本店_05.JPG


老舗和菓子屋が、その店舗で作っているお団子と饅頭。
美味くない訳がないww


おはぎは今回初めて買ったンだけど、
米の粒感がかなり残っていて、それでいて食感フワッフワww
歯応えがタマリマセンww


みたらし団子もスゲー柔らかいンすよ♪
マヂで本当に好きww
みたらし団子といえば、Mitty的には門仲の伊勢屋が鉄板だったンですけど、
ぶっちゃけ・・・抜きましたねww


日持ちもしないし、そもそも売り切れの事も少なくないので、
そーゆー意味でのチョットしたレア感もあって、Mittyは大ファンですww


お団子や饅頭を頬張りながら、温めのほうじ茶を飲む。
はぁーーーー・・・癒されます♪


ま、同時に自分の年齢も少しだけ考えさせられますガネww


タグ:田中屋本店
あしあと(9)  コメント(5) 

二階のおく [グルメ]

いやぁー参りましたね。
前回更新の最後でもチト呟きましたが、
マヂでblogのネタが無いンですわww


お出かけしたいトコとは、結構あるンですよ。
最近、暑さも和らいできましたしね。
そろそろポタリングもイイかなぁ、なんて思っていたりしますし。


ただねぇ、最近の週末は殆ど自宅でゴロゴロですww
ゲームやったり、映画観たりとか。
なんでか?


最近、雨ばっかだらだよww
ここ最近、台風が連チャンで来てるぢゃないですか。
それ以外にも秋雨とかで、
なかなかお出かけする天気にはなってないンですよねー。


そーなるとねですね、なんつーか自宅に居る時間も増えまして、
する事ないので必然的に酒量も何故か増えていくので、困ってます。
あー困った困ったww


困ったついでに、外に飲み行くかねーww
というワケで、以前から気になっていたので、行ってみましたww
駅のホームから見える、非常に目立つ場所にあるのですが、
今まで行った事が無かったのですよ。
二階のおく_01.JPG


JR西川口駅から直ぐにある、「TheTerrace」という建物。
飲食店のテナントが複数入っている建物なんですが、
今回はココの「とあるお店」がターゲットです。


まずは二階に上がり、通路の奥を目指します。
他のお店は開いてないみたいですね。
チョット寂しげ、且つ異様な雰囲気を感じます。
二階のおく_02.JPG


二階の通路奥まで来ると、
「飲み放題」というMittyにとって魅力的な縦看板が見えてきます。
そう、ココが今回のターゲット。
二階のおく_03.JPG


その名も「二階のおく」、そのまんまの店名ですww
二階のおく_04.JPG


実は以前から「二階のおく」が気になっていたンですよ。
主には店名がww
んで、チョイとグーグル先生に聞いてみたところ、
ともかく安いという評判だったので、
モノは試しという事で行ってみたンですよ。


店内はご覧の通りのカウンターが5~6席程度と、
ボックスが3つ程度とこじんまりしてます。
お一人様(常連さんと思われる)も結構いましたね。
二階のおく_05.JPG


コチラがフードメニュー。
これ以外にも今日のオススメ的なメニューもありますが、おしなべて低価格ですね。
ALL300円のメニューもありますし。
当然、量自体は少な目ですけど、
飲兵衛としてはツマミは少量・多品種の方がありがたいので、Mitty的には重宝しますww
二階のおく_06.JPG


写真を撮り忘れましたが「お一人様1オーダー」というカタチで
「今日の39円」という、小鉢もありますww
ぁ、モチロンこのお店に「お通し」はありませんww
まー肝心の料理の写真が一切ないですけど、お察しくださいねww
いつものMitty仕様ですww


んで、コチラがドリンクメニュー、というか飲み放題メニューですね。
生ビールが飲み放題という素敵仕様。
写真は撮ってませんが、その飲み放題の価格なんですけど、
1時間600円(注文は2時間からですけど)という破格仕様ww
二階のおく_07.JPG


そして、このお店。
飲み放題のお酒は全てセルフですww
二階のおく_08.JPG

二階のおく_09.JPG


このセルフ感が存外に良いww
お酒や割りモノの種類が豊富ですし、“濃さ”も自由自在ww
飲み放題の時間が区切られているので、時間が来たらスパッと帰れるのも良いですね。
低価格という事も相まって、財布と体に優しいですww


Barや専門店でシッカリと飲むのも好きですが、
こーゆーお酒の飲み方も好きですねー。
要は楽しみ方次第ですからね、楽しむ時は前のめりで全力ですよww


そんな前のめりのMitty。
この写真を撮った前々日が、「二階のおく」初来店。
うん、中一日で2回目の来店ですww
さすがに店長に顔を覚えられたww


くっそww
こーゆーの、嫌いぢゃないww
多分、来週も行くなコレww


タグ:二階のおく
あしあと(8)  コメント(4) 

今年のお中元 [グルメ]

ゲス野郎として名を馳せているMittyですが、
何気にお中元・お歳暮ってのはちゃんとやっていたりするのです。
まー始めたきっかけは某地方都市に住む友人なんですけど、
それ以来、遠方に住んでいて尚且つ住所が判明している友人には贈る様にしてるンですよね。


遠方にいるとやはり連絡する機会は減っちゃいますし、それこそ会う機会なんてもっと無い。
連絡が減ると益々連絡し辛くなって、いつの間にか縁が切れちゃう、なんて事も珍しくないです。
でも、お中元・お歳暮を遣り取りしてれば、少なくてもお礼等の連絡は互いにしますし、
そーやってマメに縁を繋いでおく事で、いざ会う機会があっても、
それなりに気兼ねなく連絡する事も出来ちゃうモンだったりします。


ぁ、ちなみに近隣に住む友人には贈ってないですww
だって・・・いつでも会えるしww
そんな事せんでも縁は切れないと思ってますからねww


んでね。
そんなMittyのお中元・お歳暮事情なんですけど、
当然相手方からも頂いてるワケでww
このblogでもチョイチョイ紹介してますが、
今年頂いたお中元が中々に秀逸でしてね。
チョイとご紹介しようかと思った次第。


名古屋の友人から頂いたったww
松坂牛大トロフレークww
今年のお中元_01.JPG


要冷凍で届いたンだけど、何やら食べ方があるらしいです。
温かいご飯に冷凍状態のままふりかけて、卵黄と薬味を乗せて食べるらしい。
今年のお中元_02.JPG


これ、冷凍状態のフレークなんですけど、
ホントに冷凍状態でイイのかな・・・と思う見た目ですww
どーみても冷凍等状態だしww
今年のお中元_03.JPG


ところがね。
これを温かいご飯にかけて、薬味を乗せるとね・・・。

こんなに素敵になりますww
今年のお中元_04.JPG


卵黄以外には、ネギとモミ海苔(味付)を追加しただけ。
なのにこんな素敵なレディに変化するとは思ってもいませんでしたww
それに冷凍状態でフレークをかける意味も分かりましたね。
ご飯の予熱でフレークがじんわりと解凍されて、
丁度いいトロ状態になるンですよねww
こりゃー確かに事前に解凍しちゃってからぢゃ、勿体無いわww
肉の旨みが逃げちゃうモンねww


大トロフレーク、看板に偽りなしですww
それにこのフレーク、大トロ丼以外にも利用できそうで、
Mitty的料理センサが実は働いていますww
何気にお酒のアテとしても色々と活用できそうですしww


そして、そんな大トロフレークに合うモノといえば・・・。


宮崎の友人から頂いたったww
霧島芋焼酎の白・赤・黒セットww
今年のお中元_05.JPG


昨今は日本酒を嗜んでいるMittyですが、モチロン焼酎も大好きですよww
特に霧島はMittyが芋焼酎に開眼した切欠のお酒ですからねー。
白と黒は度数が20度なんですが、宮崎の友人曰く「20度は宮崎でしか手に入らない」との事。
霧島自体、かなり有名な焼酎ですが、こーゆーご当地モノは嬉しいですよね。


白・赤・黒の3本。
ふ・・・ふははは!
「これでMittyは、あと10年は戦える!」と、どこかの参謀が言い出しそうですww
まーMittyの場合は10年どころか、今夏くらいで消費しそうですがww

今年の夏はコレのキンキンに冷えた炭酸割りで
飲んだくれてやろうかと思いますww


あしあと(7)  コメント(4) 

肉祭りとプロレス [グルメ]

このblogに度々出没する友人であるYさん。
Yさんは毎回、Mittyの誕生日に何かしらプレゼントを頂いたり、
それこそ引っ越し祝いとかも頂いたりして、
そーゆー意味において“しっかり”してる人なんですが、
頂いてばかりも何ですから、Mittyも相応にお返しをしてるワケです。


んで、先日。
そのYさんの誕生日祝いとして、一緒に飯を食いに行ったンですよ。
まー・・・1ヵ月遅れの誕生日祝いですがww


毎度、誕生日祝いをどーするか、少々頭を悩ませるせるトコなんですが、
「そーいえば“あそこ”に連れて行った事ないなぁ」と思い立ち、
日程を調整した上で某所にYさんを呼び出しました。


“あそこ”ですww
いわずもがな「肉の万世-秋葉原本店」、通称万世ビルですww
そう、今回の誕生日祝いは、この万世ビルで肉を奢る、ですw
肉祭りとプロレス_01.JPG


Mitty、何気に“大事なおもてなし”の時に、
この万世ビルで飯を奢るという事があるのですが、今回は久々に万世ビルを訪れてみました。
ちなみに万世ビルは全10階で、上に行くほど予算がお高くなるという仕様なんですが、
今回は5階の万世牧場で焼肉を喰らう事にしました。
肉祭りとプロレス_02.JPG


まーYさんの誕生日祝いという名目なんですけど、
Mittyも万世ビルは久々ですからね。 自分へのご褒美も忘れませんww
肉祭りとプロレス_03.JPG


さぁ、これから暫くは飯テロの予感ですww
食事前の方や深夜閲覧の方はご留意くださいww


まずは定番、牛タン盛り合わせ♪
肉祭りとプロレス_04.JPG


これ牛タン!?
つーくらい、衝撃的な食感と美味さ。
肉祭りとプロレス_05.JPG


タレものが揃いましたww
カルビ・赤身・牛タン3種盛り、ミスジ、友三角。
そして安定の卵スープ。
肉祭りとプロレス_06.JPG


焼く!
肉祭りとプロレス_07.JPG


更に焼く!!
肉祭りとプロレス_08.JPG


いやぁ・・・マヂで美味いわww
途中、ビールを追加するのを忘れるくらい、夢中で食べましたww
えぇ、勿論追加オーダーもしましたよ。


特にカルビが絶品でしたねぇ♪
ぶっちゃけ、歳のせいか脂多めの肉ってもたれちゃうのですが、
さすがさすが万世ビル、イイ仕事してますww
いくら食べても全然もたれないのww


YさんもMittyも夢見心地でしたよww
Yさんの誕生日祝いなのに、何よりMittyが大満足ですww


更に場所を万世ビルから移して、
秋葉原駅ビル内にある「マザー牧場-milk bar」へ。
ココでソフトクリームを食べて〆る、という素敵仕様ww
ぁ?写真?食べた後の写真ならあるけど、そんなんいらんでしょww
ソフトクリームにパクついた後に、写真撮り忘れに気づく安定の仕様ですww
肉祭りとプロレス_09.JPG


いや・・・しゅごいですww
この日、Yさんと会ってからの数時間が、とてつもなく充実してますww
お互いに「この後のイベントが、ぶっちゃけダルいww」という共通意見が出るくらいにww


そう、この日は肉祭りだけではありません。
というか、元々は“そのイベントに行く”事がメインでして、
たまたま双方の都合が、そのイベント前なら空いていたので、
イベント前に肉祭りを開催したのですが、肉祭りが充実しすぎて逆にツラくなりましたww


まぁ、重い体を引きずって行きましたけどね。
新木場で久々のプロレス観戦ですわww
肉祭りとプロレス_10.JPG

肉祭りとプロレス_11.JPG


元々、Yさんに誘われていたンですよね。
プロレス観戦自体、スゲー久々だったンですが、
肉祭りで充実し過ぎた何だといっても、
いざ観戦すると楽しんじゃうのがYさんとMittyの仕様ですww
これは全試合終了後の関係者集合写真。
肉祭りとプロレス_12.JPG


出場していた政宗選手。
実はMitty、政宗選手が出てる
試合以外は観戦した事ないという事実ww
肉祭りとプロレス_13.JPG


肉祭り→milkbar→??→試合観戦、という一日の流れでしたが、
久々に遊びきったなぁーというカンジでしたね。
何より、肉が美味かったぁ♪


ぁ、上記の??の項目に関しては、次回の記事で触れますね。


あしあと(8)  コメント(3) 

こめらく [グルメ]

先日、久々に髪を切ったMittyですww
相も変わらず、ヘアサロンは同じトコを利用しているので、
引っ越しをした今となっては、
髪を切りに行く事自体が少々メンドーなんですが、
店長とも付き合いが長いですし、
店長にも「ココ以外で髪を切る気はない」と宣言してますからね。
縁を大事にしていくという意味でも、
今後も同じヘアサロンで髪を切ると思いますww


とまぁ、そんなMittyが散髪をした日の午後の事。
その日は夜から所用があったので、
有楽町の街を軽く歩きながら少々時間潰し。


ふと、思い返すと昼飯を食べていない。
時間は既に昼飯時を軽く回っている。
今時分ならお店も少々空いてるだろうし、
ゆっくりと昼飯を食べれる。


直ぐ様、Mittyの脳内ライブラリで「有楽町・昼飯」を検索開始。




検索Hitしましたww


JR有楽町駅から直ぐ。
有楽町ビル内にある「創作茶漬け-こめらく-」
以前からメッチャ気になっていたお店なんですけど、
中々行く機会がなくてですねー。
Mittyにとって、この界隈は『飲む街』なので、
食事をする機会って何気にないンですわww
こめらく_01.JPG


お店は店名に偽りなく、お茶漬けのお店。
こめらく_02.JPG

こめらく_03.JPG


店内は和モダンな感じですね。
最初の写真から察するに、
夜は串カツを提供する飲み屋さんに変貌するカンジですかね。
それはソレで魅力を感じますww
こめらく_04.JPG

こめらく_05.JPG


お茶漬け膳はお茶漬け用の具材を全8種の中から2種選べて、
出汁も2種の中から1種選ぶ仕様みたいです。
食べ方の順番もあるみたいですね。
こめらく_06.JPG


テーブルにはお茶漬け用と思われる薬味が置かれています。
ちなみに奥から順に「刻み海苔」「花かつお」「あられ」「茎わさび」でした。
こめらく_07.JPG


Mittyが今回オーダーした「豚の生姜焼き膳」。
お茶漬け具材は「釜揚げしらす」と「たこわさ」、
出汁は「かつおだし」でオーダーしました。
ご飯は胚芽米っぽいのを使ってるのですかね、少々色味が付いてます。
香の物もお茶漬け具材とは別に2種。
豚の生姜焼きは柔らかい衣っぽいのが付いています。
右上のポットに入ってるのが出汁ですね。
ちなみにご飯と出汁はおかわり自由との事。
こめらく_08.JPG


メニューにもお茶漬け膳の食べ方が書いてありましたが、
『このお店に初めて来ましたオーラ』を出してると、
親切な店員さんが食べ方を教えてくれますww
Mittyもオーラを出していたので、無論教えてもらいましたww


さてさて。
まずはフツーにお茶碗にご飯をよそったら、
おかずとご飯で食べるみたいです。
それこそ定食を食べる体でイイみたいです。
まー・・・豚の生姜焼きは茶漬けには出来んわなww


おかずを食べ終わったら、お茶漬けの出番。
具材とお好みで薬味を入れてお茶漬けを楽しむという流れ。
感覚的にはひつまぶしに近いですかね。


んで。
待望のお茶漬け。
こめらく_09.JPG


ハッキリ申しましょう。
スンゲー旨いですww
生姜焼きを食べてる時点で思ったのですが、
まず米が美味いです。
そのまま食べても、お茶漬けにしても旨い。
そして何より出汁が旨い。
更に、それらを引き立たせる具材や薬味の旨さ。


和風総本家のオープニング並みに
「日本人で良かったぁ・・・心からそう思える瞬間」ってヤツですww


出汁は出汁だけでも美味しい。
優しい味がホッコリさせてくれます。
薬味との相性も抜群です。
Mitty的オススメは茎わさび。
味が締まります。
こめらく_10.JPG


いや、マヂで旨いっス。
久々に「コレ旨いわぁ・・・」とモノローグで呟いたくらいww
小食のMittyをして、ご飯と出汁はおかわりしましたし、
お会計の際にも「美味しかったです」と一言添えさせて頂きましたからね。


こーいってしまえば、少々無粋ですが、
おかわり自由という事もあってコスパは良いと思います。
ただ何より、純粋に美味しいという事。
そしてそれが1,000円以下で食べれるという事に、
色んな意味で満足させてくれるお店でした。


この記事を書くに当たり、
「こめらく」を少々調べたら他にも店舗はあるみたいですね。
ただお店によって少々コンセプトが違うよーなので、
Mittyのこの記事を追体験したい方は、
有楽町に赴くのもアリだと思います。





07/17(日)の更新はお休みさせて頂きます。
次回の更新は07/24(日)を予定しています。

タグ:こめらく
あしあと(11)  コメント(5) 

永吉 [グルメ]

今回の記事タイトル。
Yazawaの方ではありませんww
ラーメン屋さんの名前ですww
図らずとも、前回に引き続き2連続でのラーメンネタとなります。


まー狙った訳ではないのですが、
これからの季節、ラーメンって食べにくくなるぢゃないですか。
主には気温的なアレでww
クソ暑い時にラーメンってのは、
どーしても食指が伸びにくくなりますからね。


だもんで、梅雨明け前の“まだ気温が低め”の時に、
「今のうちに食べておこう」的なノリで食べに行く事が続いたンですよ。
更にはblogのネタ確保的な思惑もありましてねww


とまぁ、前フリが長くなりましたが、
JR西川口駅西口より徒歩数分、「永吉」。
永吉_01.JPG


看板からお察しの通り、この「永吉」は坦々麺が推し。
メニューも坦々麺がシッカリと主張してます。
永吉_02.JPG


Mitty、この「永吉」に来るのは初めてではありません。
更にMittyは毎回必ず同じモノをオーダーします。
そんな坦々麺推しの「永吉」でMittyが必ずオーダーするモノ。


酸棘湯麺(スーラータンメン)ですww
永吉_03.JPG


実は大ッ好きなんスよ、酸棘湯麺自体がww
ただ、酸棘湯麺を提供してるお店自体がそう多くないぢゃないですか。
しかも、酸棘湯麺好きなMittyを満足させるとなると、更に少ない。


「永吉」に初めて来た時に、この酸棘湯麺の文字を目にしたMittyは、
推しである坦々麺に脇目も振らずに、酸棘湯麺をオーダー。
以降、この「永吉」では浮気をしていませんww


そんな酸棘湯麺好きのMittyがリピートする、「永吉」の酸棘湯麺。
いわずもがな、旨いですww
特に麺が旨いですね。
酸棘湯麺の最大の特徴である酸味と辛味のバランスも良いです。
とろみの効いたスープのお陰でスープ自体が冷めにくいのも、
Mittyが酸棘湯麺が好きな理由の一つなんですが、
そのスープのとろみ加減もMitty好みで非常に良いです。


ただまぁ・・当たり前なんですが、
口に入れる全てのモノが熱いンですよねww
Mittyはその熱さも大好きなんですが、
カラダから噴き出る汗は、夏場に食べるには不向きですわなww


とはいえ。
たとえ、「永吉」の推しは坦々麺だ!と余所様に言われても、
Mittyは「永吉」で酸棘湯麺を食べ続けると思いますww


ぁ、ちなみにですね。
Mittyがこのお店に来る時は、飲んだ後に来る事が多いのですが、
週末ともなるとかなり混みます。
というのも「永吉」はラーメン屋というより、
中華料理屋という側面もありましてね。


メニューを見ると分かる通り、
ラーメン以外にも一品料理が結構豊富なんですよ。
永吉_04.JPG

永吉_05.JPG


だもんで、「永吉」で飲んでいる方々も少なくなく、
お店自体に座敷席が少々有る為に、腰を据えて飲む方々も多いンですよね。
週末ともなると飲みの方と食事の方で少々混雑する事もありますし、
それこそ、この「永吉」で飲み直し~♪なんてノリもありますしね。


Mittyが「永吉」に初めて来てから、実は随分と時間が経っているのですが、
今まで記事にしてなかった理由。
正に上記の『飲み直し~♪』で来る事が大半だからですww
そりゃ、blog用の写真なんて撮り忘れますわww


〆のラーメンで来たつもりが、いつの間にかテーブルに並ぶ一品料理とお酒。
Mittyが「永吉」に来た際によく見られる光景ですww


タグ:永吉
あしあと(17)  コメント(5) 

蘭蘭 [グルメ]

随分と前の記事になりますけど、
JR西浦和駅近傍にある豆腐ラーメンのお店、
「トーフラーメン幸楊」を紹介した事がありましたね。


豆腐ラーメンといえば、知る人ぞ知る埼玉県のB級フード。
それこそ、ウィキ先生にも載ってる位ですww
元々は岩槻城址公園近くにある「レストラン大手門」の賄い飯だったのが発祥でして、
その生みの親である料理人が、現在の「トーフラーメン幸楊」の店主だったりします。


そんなこんなで、このblogに度々出没する岩槻城址公園って、
何気に豆腐ラーメンに縁があるンですよね。
まー・・・「レストラン大手門」に行った事はありませんがww


そんな豆腐ラーメン事情をグーグル先生で調べていたある日の事。
どーやら上記2件以外のお店でも、
豆腐ラーメンを提供しているお店があるらしい事を知ったのです。


実は最近、blogのネタに困っているMitty。
コレは・・・ネタになるww


行ってきましたww
岩槻駅から徒歩数分「とうふらぁめん蘭蘭」。
蘭蘭_01.JPG


Mitty、全然知らなかったンですけど、
このお店って「大改造!!劇的ビフォーアフター」に出た事あるンですって。
まー・・・肝心の店内は撮ってませんがww
いやだってさ、Mittyが行った時は店内に他のお客さんが居ましたからね。
そりゃ、いくら傲岸不遜のMittyでも写真撮れませんってww


せいぜい、テーブル前にあるお品書きが限度ですww
シレッとある学割が珍しいww
豆腐ラーメン以外のメニューも豊富ですね。
蘭蘭_02.JPG


ま、頼むのはド定番のとうふらぁめんですがww
蘭蘭_03.JPG


さすがにベースとなるスープや麺は、
「幸楊」と遜色ないですね。
フツーに旨いレベルです。


ただどーしても、比較対象として
「幸楊」ありきの感想になっちゃうンですけど、
スープのとろみがやや少ない気はしますかね。
豆腐の自体も若干少ないかなー、って気はします。
Mitty的にはうずらの卵が無いのも大きなマイナスですww


ただスープは「蘭蘭」の方がMittyは好きかもしれません。
「幸楊」も「蘭蘭」もスープに炒めた挽肉が入っているのですが、
「蘭蘭」はかなりしっかりと炒めている感があって、
その挽肉の旨みがスープにしっかりと溶け込んでいる感がありますね。
ラーメンのスープって、残す事が非常に多いMittyなんですが、
今回は“完食”しましたからね。


まー・・・一言でいえば。
また行きたいと思えるレベルですね。
友人知人と一緒に行ってもイイな、と思えます。


「幸楊」には裏メニューの「辛いトーフラーメン」がありましたが、
この「蘭蘭」にも裏メニューが存在するのか、
この辺は今後の調査で解明していきたいですww


ただですねぇ。
この「蘭蘭」、一つだけ注意点があります。
それは、店終いがこのテの店にしては20時LOと、かなり早い事ww
実際、Mittyが行ったのは19時半位だったンですが、
Mittyがお店を出たら既に看板が終われてましたからねww


閑話休題


ぁ、そうそう。
今回の記事を書くにあたって、「幸楊」の過去記事検索したら、
実に9年近く前の記事でやんのww


随分と長い事、このblogやってンなぁ・・・と思うと同時に、
9年という年月を冷静に振り返って、
何一つ成長していない自分に、マヂでガッカリしましたww

まぁ・・・さすがに何も変わってない、とまでは言いませんがね。
主に独り身の拗らせっぷりと、カラダのポンコツっぷりは、
毎年磨きが掛かってると自負しておりますww


フォースの暗黒面も近いですww


あしあと(19)  コメント(5)