So-net無料ブログ作成
検索選択

福岡へ再び行ってみた そのヨォ~ン! [旅行記]

福岡へ再び行ってみたシリーズ第四弾。
今回も前回に引き続き、現地でのプチ観光についてお届けします。


今回赴いたプチ観光スポットは、
現地担当者や営業さんもオススメする観光スポット。
曰く「結構面白いので、時間が出来たら行きましょう!」との事。


うん、時間ねぇ・・・ならば作りましょうぞww

元々余裕のあるスケジュールでしたし、仕事自体の進捗も至って順調。
日々、少しづつアドバンテージを稼ぎ、一日くらいは多少早めにハケても大丈夫な日を確保。
そして・・・満を持してプチ観光だぁ、ヒャッハァーーww

というワケで。


やってきました「石炭産業科学館」。
いかにも炭鉱の街ってカンジがしますねー。
福岡へ再び行ってみた_4-01.JPG


屋外にはかつて実際に使われていたであろう機材が。
この微妙に錆びついた感も、堪らないですねーww
無骨なシリンダも良いww
元々、科学館や博物館系が大好きなMitty。
沸々とテンションが上がってきますww
福岡へ再び行ってみた_4-02.JPG


館内には石炭の実物が展示されてました。
何気に石炭そのものをマジマジと見るのも触れるのも初めて。
見た目以上に軽いンですねー、石炭って。
石の炭、とはよく言ったもんです。
福岡へ再び行ってみた_4-03.JPG


館内は石炭そのものの歴史や石炭の利用法、
そもそも石炭とは何ぞや?的な事から、
石炭の採掘方法など、石炭に関する色んな事が展示されてます。
石炭のみならず、エネルギーとはなんぞや?的な体験型展示もあって、
家族連れや子供でも楽しめる内容になっていて、フツーに楽しい。
福岡へ再び行ってみた_4-04.JPG


館内の展示スペース自体は、それ程広いって印象はありませんでしたが、
展示内容が面白いのでMittyだったら2時間以上はラクに居れますね。


ただですね、現地担当者や営業さんが、
この「石炭産業科学館」をオススメしてくれたのは、
この展示内容に因るモノではありませんでした。


オススメしてくれた理由。


それがコレ。
ダイナミックトンネルですww
福岡へ再び行ってみた_4-05.JPG


いや、そりゃ見ただけではハテナマークでしょうけどww
これ実は、坑道に向かってエレベータで降りて行く、
という体のアトラクション?的なヤツなんです。


実際、進んでいくと“いかにも”的なエレベータがあって、
このエレベータに乗って先に進んでいくンです。
とはいえ、実際にエレベータが降りていくワケではなく、
いかにも降りてます的な体でエレベータが揺れたり、音がしたりするンですけどね。
コレがまた、意外な程にテンション上がるンですよww
福岡へ再び行ってみた_4-06.JPG


そして坑道まで到着すると反対側の扉が開き、
薄暗い坑道を進んでいく、ってカンジになります。
道中、マスコットキャラ的なヤーツが都度、
展示されている機材についてのアナウンスをしてくれるンですけど、
コチラの歩くペースに合わせて展示エリアの説明をしてくれるので、中々に雰囲気があります。
マジ、ノリとしてはディズニーシーの「センター・オブ・ジ・アース」みたいww


まー何よりですね。
働く機械が大好きな男子たるMittyとしては、
見慣れないドデカい機械があるだけで失禁レベルのテンションなワケですww
福岡へ再び行ってみた_4-07.JPG


これは掘った坑道の天井を支える為の支柱。
自ら掘りながら天井を作って行く様は、まんまトンネル用のシールドマシンみたいですね。
福岡へ再び行ってみた_4-08.JPG


掘った石炭を運ぶ為の車両。
この辺りの炭鉱は三井三池炭鉱というのですが、
何気に平成9年まで操業していた、というのが意外でしたね。
福岡へ再び行ってみた_4-09.JPG


いやぁ・・・掘る為のドリーール!が装着されているマシン。
やはりドリルには男子のロマンを感じるわぁww
福岡へ再び行ってみた_4-10.JPG


平成9年まで操業していたという事もあって、
思っていた以上に近代的な設備で採掘していた、というのも中々に興味深いです。
あと何より、天井を支えるシリンダ径の武骨さが良いww
福岡へ再び行ってみた_4-11.JPG

福岡へ再び行ってみた_4-12.JPG


ただただ機械や機材を展示するのではなく、
こーやって坑道っぽいアトラクションにして展示してるのは、非常に良い。
マジで良いww
そりゃーMittyにオススメもしてくるわww
なにより、冒頭のエレベータが良いww


ぶっちゃけ、この「ダイナミックトンネル」。
Mittyは3回行きましたww
エレベータの体感と撮れ高の為にww
マヂ、気分は「センター・オブ・ジ・アース」ww
エレベータの揺れと機械音が良いのですww


この日は平日の夕方という事もあり、館内にMitty達以外は居ません。
そりゃー撮りますよ、エレベータの動画をww





Mittyが3回もエレベータに乗った理由、少しでも共感して頂けたら幸いですww
侮りがたし「石炭産業科学館」ww


さて今回はココまで。
最終回となる次回は、帰途に着く道中でのプチ観光ですww
ぶっちゃけ、博多・中洲近辺のお話ですww
お楽しみに。


あしあと(12)  コメント(4) 

福岡へ再び行ってみた そのサァ~ン! [旅行記]

福岡へ再び行ってみたシリーズ第三弾。
今回は出張で滞在していた大牟田市でのプチ観光についてお届けします。


前回記事の最後でも軽く触れましたが、
大牟田市は元々炭鉱の街だったらしく、その名残が街のアチコチに散見されます。
今回の出張はソコソコ余裕のあるスケジュールを組んでいた事もあって、
微妙に早く宿に戻れる事もしばしば。
日々そんな状況だったので、
現地担当者が「折角なので、軽く観光してみますか?」というノリで、
プチ観光にあやかれたのです。


んで。
まずは炭鉱の街、という事で。


坑道跡地に来てみましたww
中々に趣のある顔抜きパネルが出迎えてくれる「万田坑」です。
福岡へ再び行ってみた_3-01.JPG


何気に世界遺産らしいですね。
この万田坑は竪坑らしく、その竪坑櫓がまだ残っているらしいです。
福岡へ再び行ってみた_3-02.JPG


奥に見えるのが竪坑櫓でしょーか。
他にも煉瓦造りの“いかにも”っぽい建物が見えますね。
福岡へ再び行ってみた_3-03.JPG

福岡へ再び行ってみた_3-04.JPG


ん?もっと接近してから撮れないのかって?
そりゃームリっすよ。
だって閉場時間ギリなんだもんww
ゆーても、仕事帰りの時間ですからね。
時間的な猶予ってそんなに無いンすよww


まー併設してるインフォメーションセンターには、何とか入れましたけどね。
コレは当時のミニチュア。竪坑櫓もありますね。
他にも炭鉱夫達の物々しい装備品やらも展示してあります。
福岡へ再び行ってみた_3-05.JPG


映画「るろうに剣心」のロケが行われたのも、ココ万田坑らしいです。
確かに建造物の在り様は“それっぽい”ですね。
福岡へ再び行ってみた_3-06.JPG


閑話休題


日を改めて、翌日。
これまた仕事帰りに若干の時間を持て余したMitty達は、
プチ観光に勤しみますww


今度は有明海を臨みに、有明フェリー乗り場に来てみました。
フェリーって何故かテンションが上がるMittyなのですww
福岡へ再び行ってみた_3-07.JPG


何気に初めて眼前にした有明海ww
向こう側に霞んで見えるのが長崎県は島原半島。
おぉぉー、マヂで有明海っぽい(ホントに有明海ですww)
しかも丁度向こうからフェリーが接近してきました。
福岡へ再び行ってみた_3-08.JPG


うん、有明海って日本でも有数の干満差を誇る湾。
写真を見る限り、橋脚に付着してるフジツボがかなりの広範囲ですし、察するに今はド干潮。
にも関わらず、フェリーはドンドン近づいてきます。
喫水が浅い船なのでしょーか。
福岡へ再び行ってみた_3-09.JPG


いやぁ、でも周りの状況ってこんなんよ?
マヂで潮干狩りが出来んぢゃねーのレベルですよww
福岡へ再び行ってみた_3-10.JPG


結論。ちゃんと着岸してましたww
まー当たり前なんでしょーが、傍から見る限りぢゃ、
軽く無理ゲーっぽかったので変なテンションで、フェリーの挙動を見守ってしまいましたww
フェリーが着岸するトコだけ、水深があるのでしょーかね。


いやぁー、でもね。
船長も中々きわどいトコ攻めてると思いますよ、多分。
帰りは港内で華麗なUターン決めてましたが、見る限り結構ギリだもんww
やはり喫水が浅いのかね。
福岡へ再び行ってみた_3-11.JPG


とまぁ、炭鉱跡と有明フェリーを紹介しましたが、今回はココまで。
仕事帰りのプチ観光という事で、それほど掘り下げられませんでしたが、
まずまずの撮れ高でしたww


次回は、プチ観光第二弾をお送りします。
現地担当者や営業さんもオススメする観光スポットに行ってきましたので、
それについて少しだけですけど、ご紹介します。


あしあと(11)  コメント(3) 

福岡へ再び行ってみた そのニィ~! [旅行記]

福岡へ再び行ってみたシリーズ第二弾。
今回は前回の第二弾と同様に現地グルメ、っつーかご当地ラーメンのお話です。


前回、Mittyの中でかなりの好評だった「福龍軒」の豚骨ラーメン。
今回の出張期間中もやはり気になる訳ですし、
当然、最低でも1回は食べておきたいトコぢゃないですか。


でも今回の出張期間中には残念ながら1回も食べる事は出来ませんでした。
クッソww
1週間くらい現地にいたのにww
いやまぁ、原因は不明ですが何故か定休日と臨時休業日が重なってしまって、
店舗が空いてるタイミングで行けなかったンですよねー。
たかだがラーメンなんですけど、結構ショックww


まーぶっちゃけ。
地方出張の醍醐味って、やはりご当地グルメだったりするンですよ。
というか、一応仕事で来てるので食事くらいしか楽しみって無いンですよね。


そんな中。
今回の出張に同行していた担当者が、とあるお店に連れて行ってくれたンですよ。
以前、話だけは聞いた事があるお店だったンですど、
中々にパンチが効いているお店という事で、
「福龍軒」にフラれたココロを癒す為に行ってみました。


それがコチラ「たんぽぽ」さん。
福岡へ再び行ってみた_2-01.JPG


まぁラーメン屋さんですよ。
フツーに豚骨ラーメンのお店らしいです。
福岡へ再び行ってみた_2-02.JPG


券売機も至ってシンプル。お値段もお手頃。
まーココまでは至ってフツー。
ただ、未就学児は無料とか、お子様ラーメンというトコに、
じわじわとパンチが効いてきますww
福岡へ再び行ってみた_2-03.JPG


さて、この「たんぽぽ」さん。
最初の写真で看板がありましたけど、
実はシレッとこのお店最大の特徴がそこにあったのは分かりますか?


少し、見直してみましょうか。
「たんぽぽ」の看板近くに注目です。
福岡へ再び行ってみた_2-01.JPG


そうなんです、ココはバイキングがあります。


ホイ、バイキングww
種類は少ないですが、揚げ餃子と唐揚げが食べ放題です。
メインでラーメンがあるのにww
福岡へ再び行ってみた_2-04.JPG


それだけぢゃありませんよww
お分かりですかなー?
福岡へ再び行ってみた_2-05.JPG


カレーですww
福岡へ再び行ってみた_2-06.JPG


ラーメンの食券買うだけで、
揚げ餃子・唐揚げ・カレーが食べ放題とかww
しかも、これがまた地味に美味いンですわww
ラーメンも際立ったモノはありませんが、フツーに美味いです。
都内でも全然イケる位には美味い。


基本的に小食のMittyなので、あまり恩恵には預かれませんが、
それでもフツーにこんな絵面にはなりますなww
福岡へ再び行ってみた_2-07.JPG


同行の後輩君はとかく食べる人なので、カレー3杯ぐらい食べてましたねww
むしろラーメンをおかずにカレーを食す、みたいなww


あのお値段でこのボリュームはホントに破格。
正直、お店として利益出てんのか?って心配になる位ですよ。
体育会系の学生とか来たらヤベーんぢゃねーの?とかさww


し・か・も!


こんなご愛顧サービスも期間限定でやってましたww
福岡へ再び行ってみた_2-08.JPG


マヂで、もー喰えんってww
ホントにこの店、このサービスでやっていけてんの?
って心配になるわww


まーでも。
このお店に限りませんが、この大牟田市界隈って基本的に食事が安い気がするンですよね。
朝ご飯とか、300円もあれば立派な朝定食が食べれますしね。
やはり元炭鉱の街、って事で安い・美味い・多いってのが浸透してるンでしょーかね。


ん?
そうそう、出張で来てる大牟田市近辺って元々炭鉱があった街で、
三井財閥のお膝元の街なんですよね。
次回と次々回は、そんな大牟田市でのプチ観光について
少し触れてみたいと思います。


タグ:たんぽぽ
あしあと(10)  コメント(3) 

福岡へ再び行ってみた そのイチィ~! [旅行記]

チョイと前に「福岡へ行ってみたシリーズ」を全5回に渡ってお送りしました。
そして2週間ぶりの更新となる今回。
装いも新たに「福岡へ再び行ってみたシリーズ」をお送りしますww
いやぁーまた行ってきましたよ、福岡にww
前回と同様に仕事で大牟田というトコに行ってきました。


前回は出張最終日が土曜日だったという事もあって、
半日ほどガッツリと観光する時間を設けられたンですが、
今回の出張は最終日が平日でしたし、土日も現地で仕事だったので、
正直、blogのネタになる程の撮れ高は期待していなかったンですよね。
ネタ的に前回と被る可能性も多分にありましたから。


んで。
今回、出張から帰ってきてから“それなりに撮った写真”を編集していたら、
今回の「福岡へ再び行ってみたシリーズ」は、
前回と同様に全5回でお送りする運びとなりましたww
いやぁ・・・意外に撮れ高良かったンすよねww


というのも、今回の出張は比較的余裕のあるスケジュールを組んでいたので、
現地での仕事が日々若干前倒し出来ましてね。
その余った時間で撮れ高を稼げちゃったンですわww
まーその辺については今後の記事に乞うご期待という事でww


閑話休題


というワケで。
例によって羽田空港から最初の写真が始まりますww
初日は移動後の仕事が無いので、早速羽田で一杯引っ掛けますww
福岡へ再び行ってみた_1-01.JPG


このお寿司屋さん。
保安検査場を通った後にある店舗なのですが、
面白いのが板前さんの包丁にワイヤーが括り付けてあって、
包丁を勝手に持ち出せないようになっていたンですよね。
まー考えてみれば当たり前の処置なんですけどね。


さてさて。
博多から更に九州新幹線で大牟田に向かいます。
ちなみに今回の出張には白河で如何なくその天然スペックを発揮した、
後輩君が同行しています。
後輩君は九州新幹線(800系新幹線)を初めて見たらしく、
テンションが俄然上がっておりましたww
福岡へ再び行ってみた_1-02.JPG


釣られてMittyもテンションが上がってしまいましたww
またもや車内の写真をアチコチで撮ってしまいましたww
まー他に乗客の方が居なかったせいもあって、撮り放題だったってのもありますけどね。
福岡へ再び行ってみた_1-03.JPG


いやぁーこのシート、イイんですよww
マヂで一回、プライベートで鹿児島まで新幹線で行ってみたい気にすらなりますね。
福岡へ再び行ってみた_1-04.JPG


ブラインドも“すだれ”的なカンジになっていて、
インテリア系がモダンでオシャレなんですよねー。
福岡へ再び行ってみた_1-05.JPG


閑話休題


これは最終日の羽田に向かう機内から。
前回と違ってちゃんとお日様が出てる時間に帰ってきましたよww
まーそれでも撮れ高は十分だけどなww
ちなみにこれは三浦半島方面から富士山を撮った写真なんですけど・・・。
富士山がイイ塩梅で見えないですww
福岡へ再び行ってみた_1-06.JPG


今回はここまでとなります。
次回以降からガッツリと現地ネタをお送りします。
まずは次回、現地でのお食事事情についてお送りします。
乞うご期待です。


タグ:つばめ 福岡
あしあと(11)  コメント(4) 

雪煙の新幹線 [旅行記]

前回の記事で白河グルメについてチトご紹介しましたが、
今回の記事も白河にまつわるお話をホンの少しだけご紹介。


Mittyがグループ会社の絡みで訪れていたのは、福島県の白河市というトコ。
白河で仕事をする際には、東北新幹線の新白河駅というトコを利用します。
新白河駅は栃木県との県境といっても過言ではない位なので、
豪雪地帯とまでは言いませんが、まーそれなりに雪は降ります。


ただ、今まで往復路で雪に見舞われる事自体は無かったンですよね。
降ったトコでそんなに積もる事もありませんでしたし。


ところが、とある白河出張の帰途の日。
そろそろ帰り支度を、と思い始めた時から雪がシンシンと降り始め、
新白河駅に着いた頃にはあっとゆーまに銀世界。


まーそれ自体も別にわざわざ記事にする事の程でもないのでしょーが、新白河駅は新幹線の駅。
しかも所謂、新幹線の各駅停車ともいうべき駅で、大半の列車が通過していきます。


そう、通過するんです。
新幹線が、シンシンと降り積もる雪化粧の中を、猛烈なスピードでww
いやさ、ちょっとテンション上がりませんかww
男子たるモノ、早い乗り物ってキーワードでテンション上がるでしょww


そりゃ・・・動画も撮るっちゅーモンですよww





Mittyと後輩君、大興奮ww
京都出身の営業さんもはしゃぐww
北海道出身の先輩、至って冷静ww


まーこんなモンですよww


ちなみにこの動画。
ドSで知られる、馴染みのバーテンダーさん(女性)に見せたところ、
「何が面白いンですか?」と一蹴ww
その一挙手一投足が、ドMのMittyを刺激しましたww
ご馳走様ですww





02/26(日)、03/05(日)の更新は都合によりお休みします。
次回更新は03/12(日)を予定しています。


あしあと(14)  コメント(5)